ホーム >  薬剤部の紹介 >  業務内容

業務内容

薬剤部理念

薬剤師の専門職能を通じて、高度な知識と技術、倫理観を備え、社会に奉仕することを理念とする

薬剤部基本方針

  • 患者さんの意思を尊重し、最適かつ有益な治療に貢献する
  • 処方・調剤・投与を支援するために、医薬品の管理と情報提供の充実を図る
  • 特定機能病院としての役割を果たし、患者さんにとって有益であること
  • チーム医療の一員として、他職種・他部門との円滑な業務連携を推進する

各部署(業務)の紹介

薬剤師業務は、患者さんや医療スタッフのニーズに合わせて、業務が多様化しています。
最近では、全ての患者さんを対象とした、抗癌剤の調製や投薬スケジュールのチェック、注射薬の混合調製、入院時の持参薬確認を開始し、患者さんの薬の安全管理や、医師、看護師の業務の円滑化に貢献しています。
また、次世代の薬剤師の育成のため、長期実務実習をとおして薬学部の学生の教育にも積極的に関与しています。