ホーム >  患者さんへ >  おくすりの正しい飲み方

おくすりの正しい飲み方

お薬を飲むとき、外用薬を使うとき、疑問を感じたことはありませんか?

「くすり」は、正しく使ってはじめて有効で安全なものになります。

受診するときの注意点

  • 過去にお薬をのんでアレルギーの経験(ブツブツが出るなど)がありましたら、医師にそのことをお話ください。
  • 飲んでいるお薬や健康食品などがある方は、そのことを医師にお話ください。またはそのお薬を持参してください。
  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方は、必ずそのことを医師にお話ください。

お薬を受け取るときの注意点

  • 病院または薬局でお薬を受け取ったら、まず薬袋のお名前を確認してください。
  • 医師から何も説明がないのに以前とお薬が違う場合には必ず窓口で確認してください。
  • 薬袋には服用方法や服用にあたっての注意点が書かれています。記入されている内容を確認して、正しく服用してください。

お薬のいろいろ

  • 内服薬(のみぐすり)・・・・・錠剤、カプセル剤、散剤・顆粒剤、水剤などがあります。
  • 舌下錠・・・・・飲み込むのではなく、舌の下に含むお薬です。
  • 外用薬・・・・・点眼液、点耳液、点鼻薬、吸入薬、軟膏・クリームなどの塗り薬、貼り薬、坐薬などがあります。