ホーム >  患者さんへ >  院外処方せん・医薬分業について

院外処方せん・医薬分業について

「医薬分業」とは?

「医薬分業」とは、医師と薬剤師が協力してお薬をより安全に使っていただくための制度です。
具体的には、患者さんが受診された病院では直接お薬をお渡しすることはなく、医師・歯科医師が発行した「院外処方せん」を保険薬局に持って行き、保険薬局の薬剤師から調剤したお薬を受け取る方式をいいます。

「院外処方せん」とは?

当院では、原則としてすべての患者さんに院外処方せんを発行しています。この処方せんを患者さんが自らお選びいただいた保険薬局へお持ちいただければ、保険薬局の薬剤師が責任を持って、病院と同じ薬を調剤いたします。
薬は病院と同じく保険が適応となりますので、薬局で計算された自己負担分のみお支払いください。

院外処方せんの利点

  • 病院での薬の待ち時間がなくなります。あらかじめ院外処方せんを保険薬局にファックスしておくことにより、保険薬局での薬の待ち時間も短縮出来ます。
  • 自宅や勤務先近くなど患者さんの都合のよい保険薬局で薬がもらえます。
  • 薬を服用する際の指導が行き届き、患者さんからのご質問にも丁寧にお答えすることができます。
  • 「かかりつけ薬局」を持つことで、患者さんの服薬情報を1ヶ所で把握することができ、複数の医療機関を受診した場合でも薬の重複や、薬の相互作用のチェックができます。
  • 患者さんとご相談のうえ、ジェネリック医薬品に関する的確なアドバイスが受けられます。

院外処方せんの注意点

  • 院外処方せんは、発行後、交付の日を含めて4日以内に保険薬局に提出してください。
  • 保険薬局へ処方せんをファックスで送付いたします。ご希望の方は「院外処方せんファックスコーナー」までお申し出下さい(無料です)。この場合も処方せんは必ず保険薬局へ提出してください
  • 院外処方せんで保険薬局から薬を受け取る場合、病院で受け取る場合より若干負担が増えます。
  • 初めて院外処方せんをご利用になる場合は、できるだけ患者さんご本人が保険薬局に院外処方せんを持参してください。
  • 健康保険以外の労災保険や特定疾患などの公費負担医療については保険の取り扱いができず、自費診療となる場合があります。

薬がもらえる薬局は?

薬局には、薬の販売だけをする薬局と、院外処方せんを受けて調剤する「保険薬局」があります。「保険薬局」であればどちらでも当院の処方せんを受け付けていただけます。院外処方せんは 「保険調剤」「処方せん受付」「基準薬局」などと表示されている「保険薬局」へお出しください。