メッセージ

Messages
理事長メッセージ Message from the Chair 学校法人 金沢医科大学 理事長 髙島 茂樹

質の高い教育・研究・診療で、
次の50年に向けて
魅力ある大学づくりを推進します

金沢医科大学はこの度、創立50周年を迎えました。半世紀にわたる時を経て記念すべきこの節目を迎えることができましたのは、気概を持って医学教育に情熱を注がれた先人のご苦労の賜物であり、ひとえに皆様からのご支援、ご協力によるものと深く感謝申し上げます。

本学は、1972年6月に日本海側唯一の私立医科大学として開学しました。開学当初から旧弊にとらわれない大学づくりを推進し、患者中心の医療を実践する「良医の育成」に努めてまいりました。この50年間、我が国の医療の目覚ましい進歩に伴い、本学ではゲノム医療センター、認知症センター、小児高度外科医療センターなど、次世代の先進医療の提供体制の拡充と最高水準の研究拠点の形成に力を入れて取り組んでまいりました。

医科大学の使命は「教育」「研究」「診療」の3つに集約されます。三位一体でより一層の充実を図り、魅力ある大学を創っていくことがこれからの10年、そして50年先の未来に向かうための礎になると確信しております。金沢医科大学の存在がこれまで以上に広く認知され、社会的使命感を持って医学の道を志す全国の若者、先端的研究に情熱を傾ける医師・研究者が多く集まり、魅力ある大学に育っていくことを願ってやみません。

現在、本学の志願者数は開学当初と比べて飛躍的な伸びを示しています。学生にとっては本学の学修環境が魅力に感じられるようで、医学を学ぶ環境として学生と保護者の皆様に選ばれる大学であることに大変嬉しく思っております。難関の倍率を勝ち抜いて本学に入学した学生のみなさんには、人間性豊かな医師として新時代での活躍を期待するとともに、医師としての研鑽を積み、後輩の教育・育成や研究に励んでもらいたいと願っています。金沢医科大学で学んだ卒業生が母校で次世代の「良医の育成」に励み、大学の魅力を高めてもらえたらこれほど嬉しいことはありません。

この50年の間に幾多の困難も変遷もありました。近年では氷見市民病院の指定管理者として経営改革に取り組み、2011年から金沢医科大学氷見市民病院として診療を開始しました。財政的に大きな課題を抱えた病院でしたが、組織の根本から立て直し、1年で黒字経営に転換させて今では地域医療を支える本学の取り組みが全国から注目されています。

少子高齢化、人口減少が加速する能登北部の医療課題についても本学は先んじて取り組み、2010年に能登北部地域医療研究所を開設し、地域医療に貢献してまいりました。学生にとっても医療過疎地域の現状に触れて、巡回診療の現場を学び、共感する経験は大変意義深いことです。能登北部の医療課題には今後も本学が責任を持って取り組んでまいります。

近年、医療を取り巻く課題はますます高度化・多様化しています。医師不足、看護師不足の問題は特に深刻であり、地域の将来に関わる大きな課題です。金沢医科大学は、教育・研究・診療のいずれにおいてもより一層の質の向上を図り、皆様とともに人が集まる魅力ある大学づくりに邁進してまいります。次の半世紀に向けて今後ともご支援とご指導を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

学長・病院長からのご挨拶