記事のみ印刷する

【論文発表】糖尿病・内分泌内科学:日中笹川奨学生 Jing Xuさんらの総説論文:The impact of mitochondrial quality control by Sirtuins on the treatment of type 2 diabetes and diabetic kidney diseaseがBBA - Molecular Basis of Disease誌に掲載されました。

2型糖尿病や糖尿病性腎臓病を含む加齢関連疾患の病因には、炎症、オートファジー障害、酸化ストレスなど、ミトコンドリア機能障害と密接に関連する複数のメカニズムが関与しているため、ミトコンドリアの品質管理は、2型糖尿病や糖尿病性腎臓病の新規治療標的となる可能性があります。そこで本総説では、ミトコンドリア品質管理に重要な役割を果たすサーチュインに焦点を当て概説しています。

詳細はこちら

新着一覧へ