記事のみ印刷する

【共著】一般教育機構 物理学教室 奥田光一 講師らの共著( PCIのための虚血評価 非侵襲的虚血評価スタンダードマニュアル(編集 松本直也,田中信大))が出版されました。

 私は,心筋血流シンチの心電図同期シンチグラムについての項目を担当致しました。代表的な解析方法である、容積・駆出率、容積曲線・微分曲線、壁運動・壁厚増加率、位相の原理を説明し、臨床で用いる場合の注意点をまとめています。心電図、心エコー、CT、MRIとともにアイソトープを使った心筋血流検査は一般的であり、PCIの前に虚血を定量化することに適したモダリティであると言えます。本書は核医学検査だけでなく、このようなモダリティの虚血評価方法が臨床症例を踏まえて掲載されています。是非、一度手にとってお読み頂けますと幸いです。


詳細はこちら
新着一覧へ