記事のみ印刷する

【論文発表】糖尿病・内分泌内科学 北田宗弘准教授の総説論文「Significance of SGLT2 inhibitors: lessons from renal clinical outcomes in patients with type 2 diabetes and basic researches」が、Diabetology International 誌に掲載されました。

 SGLT2阻害薬は尿糖排泄を促進することを介して、血糖値を低下する作用を有する経口血糖降下薬であり、現在広く臨床の場で用いられています。このSGLT2阻害薬は、血糖値を下げるだけの治療薬ではなく、心・腎保護効果を発揮することが、近年の大規模臨床研究の結果明らかとなってきました。今回、糖尿病性腎臓病に対するSGLT2阻害薬の有用性を示すこれまでに報告された大規模臨床研究の結果、ならびに想定される機序についてMini-Reviewとしてまとめました。現在、当科でもSGLT2阻害薬の実臨床における腎保護効果に関して、データを解析しておりますが、その結果がまとまりましたらあらためて報告させて頂きたいと考えております。

Diabetology International | Home - Springer
新着一覧へ