記事のみ印刷する

【論文発表】糖尿病・内分泌内科学:北田宗弘准教授の総説論文:Mechanism of mechanistic target of rapamycin complex 1 activation by methionineがFrontiers in Cell and Developmental Biology誌に受理されました。

 Mechanistic target of rapamycin complex1(mTORC1)は、栄養応答シグナルの1つでアミノ酸やインスリンを含む成長因子により活性化され、オートファジーを抑制することで、老化、糖尿病、糖尿病合併症等の病態に関わっていることが知られています。これまでに我々は、糖尿病モデル動物の腎尿細管においてみられるmTORC1の活性化ならびにオートファジーの低下に起因する細胞内異常ミトコンドリア蓄積が、糖尿病性腎臓病の発症・進展に関与している可能性を報告してきました。また、糖尿病腎におけるmTORC1の活性化にメチオニン代謝産物であるS-アデノシルメチオニン(SAM)が関与していることも報告致しました。本総説では、アミノ酸によるmTORC1の活性化機序、特にメチオニンによる活性化機序に焦点を当て、我々の得た知見を含むこれまでの報告をmini reviewとしてまとめました。

Frontiers in Cell and Developmental biology

新着一覧へ