記事のみ印刷する

【論文発表】総合医学研究所 生命科学研究領域/谷口真 講師による総説論文"Role of ceramide/Sphingomyelin balance regulated by sphingomyelin synthases (SMSs) in murine disease models"がJournal of Lipid and Atherosclerosis誌に掲載されました。

 セラミドとスフィンゴミエリン(SM)はスフィンゴ脂質であり、脂質二重膜の主要構成脂質であります。セラミドは生理活性脂質としてアポトーシスを含む細胞死など多くの細胞機能に関与し、SMは細胞増殖などセラミドとは逆の細胞機能の制御に関わっています。SMはセラミドとホスファチジルコリンを基質としてSM合成酵素(SMS)により合成され、SMSが制御するセラミド/SMバランスが、生存や増殖など細胞の運命決定に関与していることが明らかとなっています。また、近年のSMS欠損マウスを利用した動物疾患モデルの結果から、SMSが制御するセラミド/SMバランスは多くの疾患に関連することが示唆されています。今回、SMS欠損マウスを利用したがんや炎症、ウイルス感染などの疾患モデルにおけるスフィンゴ脂質代謝や病態変化とその分子メカニズムに焦点を当て、我々の報告を含むこれまでの知見をKorean Society of Lipid and Atherosclerosis学会が発行するJournal of Lipid and Atherosclerosis誌に総説としてまとめました。本総説では、我々が学内外の研究グループとの共同研究でも利用している「SMS欠損マウス」の病態モデルにおける表現型や、各臓器や器官におけるセラミド/SMバランスの変化を表として分かりやすくまとめており、これからさらに様々な疾患モデルにも応用可能な魅力的な研究対象として紹介しております。

詳細はこちら
新着一覧へ