記事のみ印刷する

【受賞】腎臓内科学 加賀谷侑 医員が第50回日本腎臓学会西部学術大会において「優秀演題賞」を受賞されました。

第50回日本腎臓学会西部学術大会において「抗補体H因子抗体陽性の膜性腎症の一例 -当科のまとめも含めて-」という演題で優秀演題賞を受賞。発表は「抗補体H因子抗体と臨床的指標との関連を検討し、多変量Cox回帰分析の結果、年齢、性別、ベースラインからの血清Cr値および尿蛋白量、免疫抑制療法の有無といった交絡因子の影響を除いても、抗補体H因子抗体価の上昇は血清Cr値1.5倍化の有意な危険因子である」という内容である。

詳細はこちら
新着一覧へ