記事のみ印刷する

【採択】生理学Ⅱ 津元 国親 准教授 /公益財団法人橘勝会すこやか健康応援団 令和2年度医学研究助成

研究課題「心臓突然死の発生危険度予測に資する定量評価法の開発」
突然死の危険性が高い心室性不整脈は、その発生に先行する「トリガー」と呼ばれる現象を伴うことが知られている。突然死を予防するには、このトリガーの発生を予測し、予防することが重要となる。そこで本研究は、心室性不整脈の発生機序に基づいた不整脈誘発危険度の定量化手法を開発する。ヒト心室筋の数理モデル細胞から構成される心室組織モデルを作成し、不整脈をコンピュータ上で再現する(in silico)方法を用いて、不整脈の発生条件を定量化する。これは、突然死の発生を予測するための理論的基盤となり、創薬の為の候補化合物の催不整脈リスク予測に資する in silico 評価系の研究開発にも新たな展開を生み出すと期待される。

公益財団法人橘勝会すこやか応援団
公益財団法人橘勝会研究助成採択一覧

 

新着一覧へ