記事のみ印刷する

【論文発表】総合内科 大井一高非常勤講師(岐阜大学精神科 准教授)らの論文"Shared transethnic genetic basis of panic disorder and psychiatric and related intermediate phenotypes"がEuropean Neuropsychopharmacology誌に掲載されました

 パニック症は不安症の1つのであり、30-40%程度の遺伝率を示す精神疾患である。私は、これまでに、欧米人において不安症とうつ病などの精神疾患間や神経症傾向などの中間表現型間における遺伝的要因の共通性を報告している。
本研究では、東京大学や三重大学らとの多施設共同研究にて、ポリジェニックリスクスコア(PRS:多遺伝子リスクスコア)解析を用いて、日本人パニック症と欧米人精神疾患やその中間表現型間の民族差を超えた遺伝要因の共通性を検討した。欧米人における10個の精神疾患や7個の中間表現型の大規模全ゲノム関連解析(GWAS)データ(n=7,556–1,131,881)を、PRSを算出するためのDiscoveryサンプルとして利用した。また、これらのGWASに基づくPRSを、日本人パニック症患者718例および健常者1,717例をTargetサンプルとして算出した。これらDiscoveryとTargetサンプルを用いて、欧米人精神疾患や中間表現型に基づくPRSが、日本人パニック症のリスクに及ぼす影響を検討した。
欧米人不安症と関連するPRSは、日本人健常者よりもパニック症で高値を示した。不安症以外の精神疾患においては、欧米人うつ病と関連するPRSは、日本人健常者よりもパニック症で高かった。中間表現型の中では、欧米人孤独感(特に孤立感)や神経症傾向と関連するPRSは、日本人健常者よりもパニック症で高く、欧米人教育年数や認知機能と関連するPRSは、日本人パニック症で低かった。本研究結果より、パニック症とうつ病等の精神疾患や神経症傾向などの中間表現型間に民族差を超えた遺伝的要因の共通性があることを示唆している。

詳細はこちら
新着一覧へ