記事のみ印刷する

【論文発表】臨床病理学 大学院生 鄭剣波さんの論文「The overexpression of PRDX4 modulates the tumor microenvironment and promotes urethane-induced lung tumorigenesis」がOxidative Medicine and Cellular Longevity誌に受理されました。

抗酸化酵素ペルオキシレドキシン4(PRDX4)は、肺癌での過剰発現が報告され、肺癌の進行に関与している。ただし、ウレタンによる肺腫瘍誘発モデルにおけるPRDX4の役割はまだ検討されていない。本研究の目的は、発がん物質によって誘発された肺腫瘍の発生に対するPRDX4の過剰発現の影響を調べることになる。ヒトPRDX4過剰発現トランスジェニック(Tg)および非Tgマウスにウレタンを腹腔内に注射し、肺腫瘍を誘発した。 六か月後、腫瘍の数と大きさを2群間で比較し、腫瘍発生の違いおよびそのメカニズムを検討した。ウレタン刺激後、Tg群においては、肺組織と血清でのPRDX4発現が増強された。 Tg群では腫瘍の数と直径が共に非Tg群より有意に増加した、体重はTg群で低かった。非Tg群と比較して、Tg群では腫瘍細胞の増殖が増強された一方、腫瘍細胞のアポトーシスが抑制された。全身の酸化ストレスと肺腫瘍の酸化ストレスは、PRDX4の過剰発現によって抑制された。 Tg腫瘍では、酸化促進酵素と抗酸化酵素のバランスも低レベルにシフトした。肺腫瘍組織では、腫瘍内微小血管の密度はTg群で高かった。マクロファージの浸潤はTg腫瘍で増強されたが、Tリンパ球の浸潤は2群間で差がなかった。Tg群ではNF-κBとc-junの活性化の増強による腫瘍でのIL-1βおよびMMP9を含むcytokinesの発現も上昇した。 PRDX4の過剰発現は、腫瘍の微小環境を調節し、ウレタンによる肺癌誘発モデルにおける腫瘍の発生を促進する。

詳細はこちら
新着一覧へ