記事のみ印刷する

【論文発表】糖化制御研究分野 竹内正義教授の総説論文「Toxic AGEs (TAGE) theory: a new concept for preventing the development of diseases related to lifestyle」がDiabetology & Metabolic Syndrome誌に掲載されました。

 生活習慣病の原因物質として体内で生成される毒性終末糖化産物“Toxic AGEs, TAGE”を世界で初めて特定し、TAGEの影響を抑えることが生活習慣病の予防や健康寿命の延伸につながる研究の成果をまとめた総説論文です。
 TAGEは生活習慣病予防および健康寿命延伸の新規ターゲットであり、“TAGE病因説”という概念は、他の多くの疾患の研究にも新たな展望を開くことが期待されます。

詳細はこちら

新着一覧へ