記事のみ印刷する

【採択】生理学Ⅰ 小野 宗範 准教授 /公益財団法人赤枝医学研究財団 令和2年度研究助成

研究課題「近赤外レーザー光を用いた新規耳鳴治療法のシーズ開発」
耳鳴は人口の1-2%の人々のQOLを著しく損ねていると報告されている。耳鳴はその神経科学的なメカニズムに不明な点が多く未だ治療法が確立していないが、難聴に伴ってあらわれることから、聴神経入力の減弱を補償する神経活動により引き起こされると考えられている。この仮説に従って、本研究では聴力の低下した耳鳴モデル動物に対して、近赤外レーザー光により聴神経を刺激し減弱した聴神経活動を人工的に亢進させることで耳鳴の緩和を試みる。近赤外レーザー光刺激の耳鳴に対する影響は行動実験および神経生理的実験により検証する。これらの実験を通して新たな耳鳴治療法の確立を目指す。

公益財団法人赤枝医学研究財団
新着一覧へ