記事のみ印刷する

【プレスリリース】卵巣がん転移を抑える新しいメカニズムの解明 セラミド合成酵素2の活性化で卵巣がん細胞の運動機能低下

研究の概要
 金沢医科大学総合医学研究所 生命科学研究領域の谷口 真 講師らの研究グループは、摂南大学 薬学部 北谷和之講師、東北大学大学院医学研究科らとの国際研究グループでの共同研究で、卵巣がんにおける転移の新たなメカニズムとして、脂質の1種であるセラミド注1を生成するセラミド合成酵素2(CerS2)注2ががん細胞の運動能および転移能を抑制することを新たに見いだしました。卵巣がんは婦人科の悪性腫瘍の中で最も予後が悪く、新たながん治療薬の開発が望まれています。本研究によって、CerS2は卵巣がんの転移を抑える調節酵素であることが見いだされました。現在、がんの再発・転移を予測・コントロールすることは極めて困難ですが、今回明らかになった転移調節機構の解明によって、今後の卵巣がんの新たなバイオマーカー・治療薬の開発に繋がることが期待されます。
 
詳細はこちら(PDF)
新着一覧へ