記事のみ印刷する

【採択】糖尿病・内分泌内科学 北田 宗弘 准教授 / 日本私立学校振興・共済事業団 2021年度学術研究振興基金

研究課題名「糖尿病性腎臓病の進展抑制に対する抗炎症的治療法の探索」
 糖尿病性腎臓病(Diabetic kidney Disease: DKD)は、末期腎不全へ至る慢性腎臓病の主たる原疾患です。高血糖、高血圧、脂質代謝異常、肥満などは、腎臓病の発症・進展に対するリスク因子であるため、DKDの治療は、末期腎不全への進展阻止を目指し、それら代謝異常を全て包括的に管理することが推奨されております。近年、糖尿病臨床において、抗糖尿病治療薬SGLT2阻害薬及びGLP-1受容体作動薬の腎保護効果が明らかとなってきましたが、未だ末期腎不全に対するリスクは残存しております。特に一部のDKD患者の中には、腎機能低下速度の速いrapid GFR declinerと称される末期腎不全進展への高リスク群が存在しますが、それを予測するためのバイオマーカーの探索結果から、“炎症“がその病態形成に重要な役割を果たしている可能性が示されています。現在のところ、rapid GFR declinerに対する有効な治療法はないため、糖尿病腎における炎症機序の詳細な解明と炎症を標的とした特異的な治療法の確立が必要であると考えられます。これまで行ってきた我々の検討から、肥満2型糖尿病ラットの腎内で発現が増加するシステイニルロイコトリエン受容体1ならびに、関連するケミカルメディエーターに着目し、それらの糖尿病状態により誘発される腎障害の病態形成にどのような役割を演じるかを解明することが本研究の目的です。

日本私立学校振興・共済事業団私学振興事業本部
新着一覧へ