記事のみ印刷する

【論文発表】看護学部 坂井恵子 教授の論文「Effect of tactile massage on sleep of inpatient female cancer patients(入院治療中の女性がん患者に対するタクティールマッサージの睡眠効果の検証)」がJ-STAGE「看護理工学会誌」に掲載されました。

目的:タッチケアの一種であるタクティールマッサージが、入院治療中の女性がん患者睡眠に及ぼす効果を明らかにする。
 
方法:対象は、入院治療中の女性がん患者11名(58.5±23.2歳)であった。タクティールマッサージ30分間を、行わない未介入日(介入前)と、タクティールマッサージ介入日(介入後)で、アクチグラフによる睡眠・覚醒の定量データ、ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)を、Wilcoxon符号付き順位検定比較を行った。
 
結果:介入によって、覚醒時間帯の仮眠回数の増加(p<0.05)、睡眠時間帯の中途覚醒時間の減少(p<0.05)、睡眠効率の上昇(p<0.05)に有意差が認められた。PSQI総得点は介入によって有意に減少(p<0.05)した。
 
結論:入院治療中の女性がん患者に対するタクティールマッサージは、睡眠の改善をもたらすことがアクチグラフ、PSQIによって示された。

J-STAGE「看護理工学会誌」
新着一覧へ