記事のみ印刷する

【論文発表】眼科学 山本直樹 講師らの論文「Novel Technique for Retinal Nerve Cell Regeneration with Electrophysiological Functions Using Human Iris-Derived iPS Cells」がCells誌に掲載されました。

 我々は網膜と同じ眼杯内層から発生する虹彩を由来細胞とした人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作出し、網膜神経細胞の再生に関する研究成果を発表した。まず、網膜組織幹/前駆細胞のマーカーであるp75NTR陽性の細胞をヒト虹彩組織中に同定した。次に、培養したp75NTR陽性の虹彩組織幹/前駆細胞(H-iris stem/progenitor cells)をリプログラミングして、iPS細胞(H-iris iPS)を初めて作成した。この細胞はiPS細胞マーカーが陽性であり、三胚葉に分化し、テラトーマを形成する多能性を示した。
 H-iris iPS細胞を神経幹/前駆細胞に分化誘導した際、すべての細胞が神経幹/前駆細胞および神経細胞マーカー陽性の細胞には分化しなかった。そこで、p75NTRでソーティングした後、網膜神経細胞への分化誘導条件下で培養すると、電気生理学的機能を備えたRecoverin陽性細胞に分化した。また、別の分化誘導条件で培養すると、電気生理学的機能を備えた網膜神経節細胞マーカー陽性細胞、および網膜色素上皮細胞に分化誘導することができた。この研究成果は、H-iris iPS細胞を用いて電気生理学的に機能する網膜神経細胞が再生できるという初めての報告である。

詳細はこちら
新着一覧へ