記事のみ印刷する

【論文発表】解剖学Ⅰ・八田稔久 教授らの国際共同研究論文Placental superoxide dismutase 3 mediates benefits of maternal exercise on offspring health が、Cell Metabolism誌に掲載されました。

 近年、DOHaD仮説(Developmental Origins of Health and Disease, 胎児リプログラミング仮説)が注目されています。これは、妊娠中の母体環境が、児の出生後における疾患の罹患リスクに影響を与えるとする考え方であり、先制医療の根幹をなす概念でもあります。本研究では、東北大学学際科学フロンティア研究所の楠山譲二助教を中心とする国際共同研究により、妊娠母体のエクササイズが、児の出生後の健康においても好ましい影響を与えることを実験的に証明しました。すなわち、母体のエクササイズは胎盤におけるsuperoxide dismutase 3 (SOD3) の発現を誘導し、これが胎児の肝臓に作用して、胎児の糖代謝機能に関与する主要遺伝子の脱メチル化を生じ、その結果、糖代謝機能が亢進することを明らかにしました。つまり、妊娠中の母親の適度な運動は、子の将来の健康に大いに関わってくるという話です。
 本学の八田教授は、胎児操作技術(in utero development法)を用いた実験系の構築で本研究に貢献しました。

詳細はこちら

新着一覧へ