記事のみ印刷する

【総説発表】糖尿病・内分泌内科学 古家大祐先生が共著であるGuidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (4th edition) がAutophagyに掲載されました。

オートファジーの発見は画期的な細胞の若返り機構であり、大隅良典 東京工業大学栄誉教授が2016年にノーベル医学・生理学賞を受賞されました。オートファジーは、細胞内の若返り機構として、細胞内の変性蛋白質や働きの悪いミトコンドリア、細菌などの分解を介して生体を守っています。また、長期の絶食によって栄養状態が悪くなったとき、蛋白質を分解して生存に必要なエネルギーを供給します。しかし、オートファジーが生じていることをモニターする方法と解釈は極めて複雑であり、2021年に第4版としてアップデートされました。

詳細はこちら
新着一覧へ