記事のみ印刷する

【採択】総合医学研究所 講師 西園啓文/富山大学 和漢医薬学総合研究所 共同利用・共同研究:探索研究

【内容】
研究課題「生薬エキスライブラリーを用いた女性の体に優しい次世代非ホルモン制御避妊薬の探索」日本でも緊急避妊薬の薬局販売の議論が始まるなど、これまでの避妊薬のあり方が大きく見直されようとしている。60年前に開発され現在も市販されているエストロゲンとプロゲステロンを主要成分とするホルモン剤避妊薬は比較的安全な薬剤であるものの、アメリカなどの諸外国ではさらに一歩進んだ取り組みとして、より身体的負担の少なく、効果が早く得られるような非ホルモン制御避妊薬や、男性が使用する男性避妊薬などの開発が進められている。

 本研究では、このような次世代避妊薬の新しい候補化合物を、より身体的負担が少ないと考えられる漢方薬・和漢薬成分ライブラリー(富山大学和漢医薬総合研究所提供)の中から、独自に開発したハイスループットスクリーニング法を用いて探索する。

→詳細はこちら
新着一覧へ