記事のみ印刷する

【論文発表】 糖尿病・内分泌内科学:Jing Xuさんらの総説論文:NAD+ homeostasis in diabetic kidney diseaseがFrontiers in Medicine誌に掲載されました。

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)は、ミトコンドリアでのエネルギー産生反応の補因子の1つです。これまでに、細胞内NAD+レベルは加齢とともに低下し、加齢に関連する疾患の発症に重要な役割を担っていることが報告されています。NAD+の低下は、抗老化遺伝子tして知られるNAD+依存的脱アセチル化酵素サーテュイン(Sirt1, 3など)の活性低下を来すこと、またNAD+低下の原因として、老化と関連する炎症や酸化ストレス等により惹起されるCD38(NAD+分解酵素の一つである)の活性化が関与することなどが報告されています。細胞老化は、糖尿病および糖尿病性腎症の病態形成に密接に関係していることから、我々は、これまでに糖尿病性腎症の発症・進展におけるSirt1およびSirt3、また、CD38の役割についての研究を行ってきました。本総説では、NAD+代謝の観点から糖尿病性腎症の病態に迫るとともに、細胞内のNAD+の低下を抑制することが糖尿病性腎症の新規治療標的となり得るかどうかについて、総説としてまとめています。

詳細はこちら

新着一覧へ