記事のみ印刷する

【採択】生化学Ⅱ 池田 崇之 准教授/(公財)武田科学振興財団 2021年度研究助成

研究課題 E3ユビキチンリガーゼHUWE1のRheb活性化における役割の解明
セリンスレオニンキナーゼ複合体であるmTORC1は、細胞の栄養状態やエネルギー状態の情報を統合し、タンパク質・脂質・核酸合成などを制御することで、細胞の成長を調節する。mTORC1シグナル経路の異常活性亢進は、がん、肥満、糖尿病や神経変性疾患など多くの病態と関連しているが、その活性化機構は未だ不明な点が多い。mTORC1は低分子Gタンパク質であるRhebが結合することにより活性化されるが、Rhebがどのように活性化されているかは不明のままである。我々はRhebの新規結合タンパク質としてHUWE1を単離した。HUWE1は、ユビキチン化によりタンパク質の分解あるいはタンパク質の安定化を誘導するE3ユビキチンリガーゼで、p53やc-Mycなどが標的タンパク質として知られている。先行研究でRhebのユビキチン化がmTORC1の活性化に重要であることを示していることから、HUWE1がRhebやmTORC1の活性化を制御する因子の1つではないかと考えた。本研究では、HUWE1のRheb活性化における役割を解明し、HUWE1のmTORC1シグナル経路における機能を明らかにする。

新着一覧へ