記事のみ印刷する

【受賞】耳鼻咽喉科学 三輪 高喜 教授が2021年度日本味と匂学会賞を受賞

 耳鼻咽喉科学 三輪 高喜 教授が2021年度日本味と匂学会賞を受賞しました。
 令和3年9月23日(木) 2021年度 日本味と匂学会 第55回大会にて受賞講演が行われます。
 
 三輪教授は、嗅覚・味覚に関する医療と基礎から臨床にわたる幅広い研究に長年取り組み、嗅覚・味覚に関する英文原著46報、和文原著26報、著書57報、創設149報など顕著な業績をあげてこられました。また、世界初の嗅覚障害診療ガイドラインの作成、日本の新型コロナウイルス感染症による嗅覚・味覚障害の疫学、機序、予後解明の全国研究の代表者として社会貢献されています。そして、日本味と匂学会の学会長、大会長、運営委員、ISOT2016の財務委員長を歴任し、日本味と匂学会の発展に多大なる貢献をされています。
 上記のことから、この度の受賞となりました。
 
2021年度 日本味と匂学会 第55回大会

新着一覧へ