記事のみ印刷する

【論文発表】総合医学研究所・先端医療研究領域・ヒト幹細胞制御研究分野:加藤友久 講師による Comment Article: "Mapping the hotspots for DNA repair synthesis in human brain organoids" が Cell Death & Differentiation 誌に掲載されました。

 ヒトの神経系は神経幹細胞/前駆細胞が増殖して数を増やしつつ徐々に細胞周期から外れながら元の場所から移動して最終的には体内の細胞では最も長く(個体の寿命に近い)生存する“有糸分裂後”神経細胞として神経回路内の所定の位置に定着することによって形成されます。しかし、神経細胞は細胞内外の様々な外的環境要因や内在性因子に晒され、その DNA は絶えず損傷を受けています。その損傷の修復が神経細胞にとって非常に重要であることは、DNA 修復に異常のある疾患では神経の変性あるいは神経発生の異常を呈することからも明らかです。しかし、有糸分裂後神経細胞のゲノム内における DNA 損傷の属性あるいはその発生、分布については(特にヒトの場合、試料取得の難しさ等から)よくわかっていませんでした。そうした中、最近、Nature 誌(Reid et al.)と Science 誌(Wu et al.)にそれぞれ別々に掲載された2つの研究によってヒトの有糸分裂後神経細胞に生じる DNA 損傷の属性を明らかにし、ゲノム中における分布の詳細が明らかになりました。
 本稿では、Reid et al. および Wu et al. の研究に焦点を当てながら『ゲノム安定性』が神経系の病態生理に及ぼす影響に関する研究の今後の展開について概説しています。特に、幹細胞生物学の分野で見出され iPS 細胞と並んで一般生命科学上重要な発見である“オルガノイド”を用いたヒトの医学生物学研究の重要性について論じています。

詳細はこちら

新着一覧へ