記事のみ印刷する

【採択】臨床感染症学 飯沼 由嗣 教授/公益財団法人澁谷学術文化スポーツ振興財団 大学の新技術研究に対する奨励金給付

研究課題
新型コロナウイルスワクチン接種後の免疫応答の解析

新型コロナワクチン、特にmRNAワクチンの有効性は非常に高く、ワクチン接種が進んだ後の日本国内の新規感染者数は非常に低く抑えられている。一方で、その効果は徐々に減弱し、先行して接種が進んでいる欧米諸国では感染者の再増加がみられる。本研究では、ワクチン接種およびブースター接種による免疫反応について抗体価を経時的に測定し、免疫の持続性および有効性について検討を行う。対象は、同意を得た金沢医科大学病院ほか協力医療施設の医療関連施設職員。ワクチン接種後、新型コロナウイルスのスパイク(S)タンパク質をターゲットとした自動機器用抗体試薬(複数社を予定)による経時的な推移(直後、半年後、ブースター接種直後、半年後、1年後)を測定し、抗Sタンパク質抗体価の推移を解析する。また感染防御と関連するとされる中和抗体価についても解析する。また、この研究期間中、抗体価と新型コロナウイルス感染率についても解析を行う。
新着一覧へ