ホーム >

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症への
対応について

新型コロナウイルス感染症について、 本学での対応をお知らせします。

学生の行動などについて(一部改正)
医学部生・保護者の方へ看護学部生・保護者の方へ
更新日/2024年04月01日
  • 学生生活

 新型コロナウイルス感染症は、令和5年5月8日付で、季節性インフルエンザ等と同様の5類感染症に位置づけられました。それに伴い学生の行動指針を別紙のとおり改正します。
 現在の基本方針は以下のとおりですが、状況に応じて追加・変更する可能性ありますので、こまめにメールやHP情報の確認を行ってください。

<基本方針(全学年共通)>
【行動指針】
 次の事項について、将来医療者を志す者として感染リスクを考慮し、「感染しない」「感染させない」責任ある行動をとること。

1.基本的感染予防対策の徹底
 ・基本的感染予防対策(手指消毒、換気等)を徹底すること。更に、臨床実習・病院実習中の学生は、毎日検温をし、体調管理を徹底すること。
 ・微熱、咳や喉の痛み等の感冒症状がある場合は、大学構内の不織布マスクの着用を強く推奨する。
 ・学年問わず病院施設内に立ち入る際は、必ず不織布マスクを着用すること(病院施設内のレストラン、売店、郵便局、ATM含む)。

2.感染リスク行動後の注意点
 ・リスク行動後7日間は、各個人が体調管理を徹底(2回/日、および在校中の検温)すること。
 ・病院実習で患者に接触する学生は、マスクをつけることを徹底し、意識して距離をとり、接触時間を最小限にすること。
  ※感染リスク行動の例 
 ・マスクを外し、声を出す人が多く集まるイベントの参加や場所に行くこと
  (コンサート、スポーツ観戦、居酒屋、バーベキュー、フードコート、学会等)
 ・国内、国外の移動・旅行
  (研修、留学(語学留学)等を含む)

3.海外渡航
  海外渡航を予定するものは、「海外渡航届」を必ず各学部事務課に提出すること。

【学生の体調不良時の対応、自宅待機期間等】
 
1.体調不良の場合(37.5℃以上の発熱(平熱を考慮)・咳・喉の痛み・下痢・嘔吐など)
 ・臨床実習・病院実習中の学生は登校しない。その他の学生も登校を控え、受診することを推奨する。
 ・欠席する際は各事務課に連絡する。
 ・発症から24時間経過後、近医を受診し検査(インフルエンザ・新型コロナウイルス)する。または抗原検査キット(大学配布)で自己検査を行う。
 ・新型コロナウイルス(以下コロナ)あるいはインフルエンザ陽性者は②の対応となる。
 ・陰性者は、解熱し、症状軽快から24時間経過後に登校可とする。検査日含め自宅待機期間は、学校感染症以外の欠席として扱う。
  ただし、①の症状によって臨床実習・病院実習を欠席した場合、症状と関連した疾患の診断書があれば欠席届を提出することができる。

2.コロナ陽性となった場合
 ・各事務課に連絡のうえ、発症日を0日目として、5日間自宅待機。
 ・6日目以降に症状軽快が確認された場合、登校可
 ・ただし、臨床実習・病院実習中の学生は、登校開始後3日間は患者さんと至近距離で15分以上の接触を避ける
 ・陽性を証明する書類を添付し、欠席届を提出することができる。
  ※インフルエンザ陽性の場合は、従来通りの対応となるため、各事務課に指示を仰ぐこと。
  ※同学年の学生に陽性者がでた場合、各事務課、学生保健室等から聞き取り調査を行う場合がある。聞かれたことに対しては正直に答えること。
  ※原則、待機期間中はZoom等による遠隔対応は行わず、後日、課題や補講等で対応する。但し、深刻な感染拡大状況にある場合には全面的なZoom等による遠隔対応を行うことがある。

3.濃厚接触者となった場合(無症状者)
 ※濃厚接触者の定義:コロナ発症者との同居や、陽性者の発症24時間以内に会食、マスク無しで15分以上接した等の接触があった者
 ・有症状者は①の対応となる。
 ・無症状者は、臨床実習・病院実習中であれば各事務課に連絡のうえ最終接触日を0日目として3日間実習に参加しない。4日目より参加可能。臨床実習・病院実習以外の講義、学内試験については、下記感染対策厳守を条件に出席を認める。
 ・新型コロナウイルス陽性者と同じグループの、臨床実習・病院実習中の学生は各自体調管理に努める。上記濃厚接触者に該当せず、体調に異常がなければ実習を継続する。

感染対策:マスク着用厳守。授業・試験前後は不要に大学に留まらず直ぐに帰宅する。教員・監督員は周囲とは1m程度離すよう、部屋の片隅等に席を設ける。

【課外活動(部活動)】
 部活動をする団体は、学生の自主規制ルール「部活動再開に向けた感染対策のための自主規制ルール」、各団体独自の感染対策を遵守し、顧問教員の承認が得られれば部活動を許可します。感染状況に応じて都度通知しますので確認してください。

1.課外活動等は、感染拡大防止に最大限配慮して実施を許可する。
 ※活動場所が学外のクラブは、なるべく他者が使用していない時間帯で活動すること。また、コーチ等が学外者の場合は、感染対策を十分に講じること。

2.対外試合、他大学や学外メンバーとの合同練習会等の参加は、開催2週間以上前に以下の手続きを行い、学生部に申請し、大会に参加すること。試合や練習の規模・形式等は問わず、学外で活動を行う場合はその都度、次の書類を学生部に提出し、許可を得ること。
 1)学外行事参加願
 2)大会要項(公式大会の場合)
 3)行程表(複数日に渡る活動の場合)

3.対外試合等に参加後7日間は、各個人が体調管理を徹底(2回/日、および在校中の検温)すること。特に病院実習で患者に接触する学生は、マスクをつけることを徹底し、特に意識して接触距離をとること・時間を最小限にすることに注意すること。

<更新歴>

【行動指針の改正】2024年4月1日更新
【行動指針の改正】2023年8月25日更新

【行動指針の改正】2023年7月14日更新

【行動指針の改正】2023年5月13日更新
【行動指針の改正】2023年1月26日更新
【行動指針の改正】2022年7月29日更新
【学生のアルバイトについて更新】2022年4月26日更新
【病院立ち入り期間等の変更】2022年4月4日更新
【留意事項の徹底継続の更新】2022年1月26日更新
【感染拡大地域の定義修正及び立入制限緩和】2021年10月28日更新
【感染拡大地域の定義修正】2021年10月13日更新
【留意事項の徹底継続の更新】2021年10月11日更新
【年度末に向けて行われる行事について】2021年2月17日更新
【感染症の拡大防止について】2021年1月18日更新
【課外活動について】2021年1月15日更新
【年末年始の対応】の一部追加について2020年12月17日更新
【年末年始の対応】の一部追加について2020年12月16日更新
【年末年始の対応】2020年11月27日更新
【学生の行動規範の見直し】2020年11月2日更新
【構内での注意点】の一部変更について 2020年10月15日更新
【講義室内での注意点】の一部変更について 2020年9月14日更新
【構内での注意点】の一部変更について 2020年9月1日更新
【原則禁止事項】の感染拡大地域の追加について  2020年7月28日更新
【原則禁止事項】の追加について2020年7月22日更新
【基本自粛事項】の一部変更について 2020年7月9日更新
【構内での注意点】の一部変更について2020年7月1日更新
【基本自粛事項】の緩和について2020年7月1日更新
【構内での注意点】の変更について(課外活動等)2020年6月24日更新