ホーム >

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症への
対応について

新型コロナウイルス感染症について、 本学での対応をお知らせします。

金沢医科大学教職員の新型コロナ感染対策について
教職員向け
更新日/2024年05月10日
  • 基本方針・対策

 標記について、下記のとおり教職員向け感染対策を変更いたします。関係各位に周知くださいますようお願いいたします。
 また、病院施設への立ち入りについては"新型コロナウイルス感染症に係る院内の対応について"をご確認のうえご対応ください。

1.就業について

   金沢医科大学の教職員として自覚ある行動を取り、感染予防に注意を払い勤務する。
   大学構内・施設内でのマスク着用は解除する。ただし、病院施設内に立ち入る際は必ず
   マスク(不織布)を着用する。

2.陽性者・濃厚接触者の対応

 [陽性者]
  ・発症日を 0 日目として、5 日間は休務とする。5 日目も症状が続く場合は、症状が軽快
   して 24時間が経過するまでは出勤を控える。

 [濃厚接触者]※陽性者との同居や会食等で 15 分以上マスクを外した状況で接触があった者。
  ・無症状者は感染対策を行ったうえで勤務を認める。ただし、最終接触日を 0 日目として
    3 日間は病院施設への立ち入りを禁止する。

3.変更点の概要

   1.大学構内・施設内でのマスクの着用を解除する。
   2.来訪者等(学外者への対応)に対し、マスクの着用並びに検温は求めない。
   3.大学職員については「濃厚接触者」に対する特別休暇の取り扱いを中止する。
   4.陽性者が発生した場合の報告は所属長のみとし、総務課への報告は不要とする。

4.問い合わせ先

   総務部 人事課(内線 22110~22119)
   jinjika@kanazawa-med.ac.jp