教員向け 新型コロナウイルス感染症への対応(変更通知)(2020年4月27日更新)
 医学部では、令和2年4月6日からゴールデンウィーク明けまで、学内での講義・実習をe-learning形式の在宅学習とし、5月11日からの講義再開を予定していました。
 新型コロナウイルス感染症に関する状況は刻々変化し、国内の感染者数は1万3千人を超え、全国に緊急事態宣言が発出され、石川県も「特定警戒都道府県」に指定されています。
4/24(金)の臨時教授会におきまして、下記のとおり決定いたしましたのでお知らせします。何卒、ご協力くださいますようよろしくお願い申し上げます。

1.第1~6学年 講義・実習(臨床実習)の再開時期について

『6月末日』までe-learning形式の在宅学習期間を延長し、登校を禁止します。
・再開時期は、状況を見据え決定します。
・e-learningが可能な環境であれば実家での生活を認めます。
・電車等、公共交通機関での移動は必要最小限とし、帰省の際は行き先と日程を教学課宛にメール連絡することを徹底させます。(石川に戻った際も同様に連絡することとします)

2.在宅学習期間中の講義・実習の運用について

・引き続き、スクリプト付きの講義資料の作成や、双方向性質疑応答記録の保存についてご協力をお願いします。
・新型コロナウイルス感染状況の推移に応じ、夏季休暇期間等を用いた補講を考慮します。
・ユニット試験の実施については今後通知します。