【医学部第1~6学年】感染拡大地域の定義変更について(通知)(2021年10月 7日更新)
 標記について、4月に発出された緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置が、9月30日をもって全都道府県で解除されたこと、学生へのワクチン接種が終了していることを踏まえ、感染拡大地域の定義を下記のとおり変更します。
 定義変更後も医学生として自身の健康管理に留意するとともに、感染拡大の危険を高める行為は厳に慎み、適切な行動管理と体調管理を徹底してください。
 なお、感染拡大地域へ移動する際の対応については、現行どおりとしますので、移動する際は必ず、教学課窓口で注意事項を聞き、誓約書へサインしてください。
 
 
<変更前>
 ◆ 都道府県別の直近1週間の人口10万人当たりの感染者数を指標とし、2.5人以上の都道府県を感染拡大地域と定義します。
 
<変更後>
 ◆ 緊急事態宣言・まん延防止等重点措置実施地域または都道府県別の直近1週間の人口10万人当たりの感染者数を指標とし、8人以上の都道府県を感染拡大地域と定義します。
   ※ 感染拡大地域は日々更新されるので下記URLにて随時確認してください。
     https://hazard.yahoo.co.jp/article/20200813#number
 
※感染状況に応じて方針が変更となる可能性も十分に考えられますので、事前にご承知おきください。