各種案内

市民公開講座

全国がんプロ合同市民公開シンポジウム『がんゲノム医療の実像』

 がんプロ(がんプロフェッショナル養成プラン)はがんの医療専門家を育てる国の事業で、全国で11グループ98大学が行っており、がんゲノム医療に携わる医療人材養成が大きな柱となっています。
 がんゲノム医療がスタートしましたが、中味がどんなものかについて、一般市民の方にはあまり理解が進んでいません。
 このシンポジウムではゲノム医療の中で最も大切な部分である話し合い(エキスパートパネル)を実演することにより、一般市民の方にゲノム医療を分かっていただくことを目的に行います。

開催日時

  2019年11月9日(土) 14:00〜16:00 (開場 13:30)

会  場

  東京医科歯科大学 大講堂(歯科棟4階 歯学部特別講堂)
  東京都文京区湯島1-5-45

内  容

【基調講演】
がんゲノム医療の全体像

【模擬エキスパートパネル】
こうやってがんゲノム医療がすすむ
症例1
 希少がんに対してパネル検査の結果、遺伝子異常がみつかり、治療実施できた症例
症例2
 パネル検査の結果、遺伝子異常がみつかり、治療実施できたが、生殖細胞系列遺伝子異常がみつかり、遺伝カウンセリングも必要な症例
症例3
 パネル検査の結果、遺伝子異常が見つかったが対応する薬物がなく、治療できず、緩和医療に移行した症例
ミニレクチャー
 緩和ケア、希少がん、AYA世代がん

【パネルディスカッション】
ゲノム医療の良い所、悪い所


主催

全国がんプロ協議会

お問い合わせ先

全国がんプロ協議会:大阪国際がんセンター内(ポスターをご参照願います)