北信がんプロ
金沢医科大学
Web市民公開講座2020

ご挨拶 元雄 良治

画像をクリックすると動画が再生されます。
ツールバーのCCボタンをクリックすることにより、日本語字幕ありなしが 選択できます。

第Ⅰ部 がんゲノム医療

 現在、日本人2人に1人ががんに罹患するとされています。ご家族の中にがん患者さんがいる方は少なくないと思います。

 自分の家系はがん家系なのではないかと心配されている方も多いのではないでしょうか。

 がんゲノム医療とは、主にがんの組織を用いて、多数の遺伝子を同時に調べ、遺伝子変異を明らかにすることにより、一人ひとりの体質や病状に合わせて治療などを行う医療です。一部が保険診療として、標準治療がないまたは終了したなどの条件を満たす場合に行われています。一部のがんの治療では、すでに標準治療として、がんの組織などを用いて一つまたはいくつかの遺伝子を調べる「がん遺伝子検査」を行い、遺伝子の変化に対応した薬の選択がすでに行われています。
 一方、「がんゲノム医療」として、多数の遺伝子を同時に調べる検査である「がん遺伝子パネル検査」(がんゲノムプロファイリング検査)は、その一部が保険診療として、標準治療がないまたは終了したなどの条件を満たす場合に行われています。
 第Ⅰ部では、金沢医科大学病院における、がんゲノム医療について、主に遺伝子パネル検査を中心に、お話しいただきます。

がん遺伝子パネル検査って何だろう

講 師

安本 和生 ご略歴はこちら
金沢医科大学医学部腫瘍内科学 特任教授

講演概要

 がんは年々増加の一途を辿り、いまや国民病と言われています。
 がんが遺伝子の病気であることが明らかとなり、遺伝子異常を網羅的に調べ最適な治療薬を提供可能なパネル検査を用いたがんゲノム医療がスタートしました。対象は標準治療が終了した方と制限はありますが、国民皆保険のもとでの実施も大きな恩恵となっております。ただ現時点で、検査後新規治療薬にたどり着ける方は、臨床試験参加を含め5-10%のみとなっています。
 本公演では、がん遺伝子パネル検査の概略や、今後のがんゲノム検査の課題についてご紹介いたします。

画像をクリックすると動画が再生されます。
ツールバーのCCボタンをクリックすることにより、日本語字幕ありなしが 選択できます。

がんと遺伝:家族性腫瘍症候群への対応

講 師

新井田 要 ご略歴はこちら
金沢医科大学総合医学研究所先端医療研究領域ゲノム疾患研究分野 教授
金沢医科大学病院ゲノム医療センター センター長

講演概要

 遺伝するがんと言われると、一般の方にとっては珍しいもののように感じる事でしょうが、それほど稀なものではありません。例えば遺伝性乳癌卵巣癌症候群の原因となるBRCA1/2の遺伝子変異を生まれつき持っている人は125人に1人はいます。がんの治療のために、がん遺伝子パネル検査を受けられた方にも、もともとがんになり易い遺伝的体質を持っていた可能性が疑われることはしばしばあります。本講演では、このような患者さんにとっては想定外の事態に対し、どのように対応していくのが良いか、当院での取り組みをご紹介します。

画像をクリックすると動画が再生されます。
ツールバーのCCボタンをクリックすることにより、日本語字幕ありなしが 選択できます。

ディスカッション:がんゲノム医療の今後について

パネリスト
  • 安本 和生 金沢医科大学医学部腫瘍内科学 特任教授
  • 新井田 要 金沢医科大学総合医学研究所先端医療研究領域ゲノム疾患研究分野 教授
           金沢医科大学病院ゲノム医療センター センター長

画像をクリックすると動画が再生されます。
ツールバーのCCボタンをクリックすることにより、日本語字幕ありなしが 選択できます。