センター長 挨拶

国際交流センターでは、本学の建学の精神を実現するために、教育・研究の両面において、海外医療機関とのネットワークを利用した国際交流の促進を行っています。

主な事業として、学生や医師の海外派遣、海外からの交換留学生や研究員、医師等の受入れ、国際力や英語運用能力を高めることを主眼とした講演会、英文校正や、学生および教職員を対象とした英会話教室などを行っています。また、外に向けての「国際交流」「国際連携」に加え、「多文化共生」を視野に入れ、留学生や研究員との交流等を通じて、大学の国際化に向けた環境整備にも力を入れています。

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、国際交流活動は大幅に減少しています。一日も早く活発で有意義な国際交流が再開できることを願っています。今後は協定校や海外医療機関、他大学の国際交流機関等と協力し、ウィズコロナそしてポストコロナ社会における「新しい国際交流のかたち」の実現に向けて真摯に取り組み、社会貢献に寄与したいと思います。

将来国際社会で活躍することを目指す学生や医師、留学生、研究者の皆さんを国際交流センターは全力でサポートしていきます。

金沢医科大学 国際交流センター センター長
上田 善道 (病理学II 主任教授)

センター概要

グローバルスタンダードの教育・研究・医療交流へ

国際交流センターは、国際交流を推進し、本学の教育・研究・診療の発展と向上に寄与することを目的に、2008年4月に開設されました。

本学はアジア、アメリカ、ヨーロッパを中心とする海外・医療機関等と協定を締結し、広く学術および教育交流を推進してきました。そこで形成されたネットワークを利用して学生や研究者の受入れと派遣を推進し、海外の教育や研究活動に触れる機会を幅広く提供しています。

国際交流の基本方針

教育面

  1. グローバルな視野と見識, 技術を持った人材を育成する。
  2. 海外の大学・教育機関との交流により,教育・研究の促進と向上を図り,医学・看護学の発展に寄与する。

研究面

  1. 国際的な学術研究ネットワークを構築する。
  2. 世界で活躍できる人材を育成する。
  3. 研究成果を世界に発信する。

学内専用ページへ