外国人留学生・短期研究員等の受入制度

大学院医学研究科

金沢医科大学大学院医学研究科への入学を希望される方は、本学大学院医学研究科のサイトを確認してください。

中国姉妹機関大学院生(奨学金給付型)

金沢医科大学大学院医学研究科では、中国姉妹機関(中国医科大学、華中科技大学同済医学院、中日友好病院)に対して推薦入学枠があります。中国姉妹機関からの推薦により出願し入学する大学院生には、学資金として奨学金(月額10万円)を支給します。
本学と提携のある中国姉妹機関に在籍し、本学大学院医学研究科へ入学を志願される場合は、所属先の担当部署へ出願について、問い合わせてください。

出願時の注意事項

  • 大学院4年制博士課程への進学となります。本学大学院で4年間在籍すること、学位取得(医学博士)を目指す方が出願することができます。
  • 中国姉妹機関からの推薦により本学大学院へ入学することが決定すると、外国人留学生宿舎(1名1室利用)へ優先的に入居することができます。

奨学金 月額10万円(4年間: 本学博士課程の標準修業年限の在籍期間中)

  • 毎月、在籍確認を行います。期日までに在籍の確認が行えない月は、奨学金は支給されません。
  • 渡航費や日本での生活費等は全て自己負担となります。

募集から渡日までの手続き

  1. 本学から中国姉妹機関へ案内(8月頃)
  2. 中国姉妹機関で公募、推薦者の選定
  3. 中国姉妹機関の担当部署から本学へ出願書類の提出(9月下旬)
  4. 小論文試験の実施(10月)
  5. 合否判定、通知送付(11月)
  6. 入学手続き
  7. 査証(ビザ)/在留資格認定証明書(CoE)の申請、発行(12~1月)
  8. 日本大使館または領事館にて査証(ビザ)発給申請
  9. 4月渡日、入学

短期研究員・短期研修員の受入れ

金沢医科大学では、共同研究や学術・技術研修を目的に、海外から研究員や技術者を受け入れることができます。講座や研究所等で受入れを希望する場合は、短期研究員または短期研修員の申請手続きを行ってください。 本学から奨学金が支給される外国人短期研究員の受入制度については、こちらをご確認ください。

本学での身分

  • 1)短期研究員 共同研究等を目的とする外国籍の研究者
  • 2)短期研修員 学術・技術研修を目的とする外国籍の研究者

受入期間  最長2年間

原則、1カ月以上1年以内。ただし、1年以内の範囲で延長を許可することができます。

報酬・給与

本学から報酬・給与を得ることはできません。渡航費や日本での生活費等は全て自己負担となります。

研究・研修証明書の発行

本学での活動を修了する際、研究または研修活動を証する証明書を発行します。

申請から渡日までの手続き

  1. 短期研究員・短期研修員として受入れる海外の研究員や技術者から必要書類の取寄せ
    書類一覧
    申請書、最終学歴証明書(写)、現職証明書、推薦書、費用負担承諾書、論文(3編)、日本語または英語の語学力を証明するもの、健康診断書、写真(JPEG)、他
    (各書類の提出形式や様式については、こちら(学内専用)をご確認ください)
  2. 申請書(短期研究員受入申請書、短期研修員受入申請書のいずれか)を国際交流センター事務課へ提出

    ※新規渡日者を受入れる場合、当課への提出の目安は希望する受入れ開始日から3ヵ月前とします。

  3. 受入証明書 発行(国際交流センター運営会議を経て、学長が決定)
  4. 査証(ビザ)/在留資格認定証明書(CoE)の申請、発行
  5. 日本大使館または領事館にて査証(ビザ)発給申請
  6. 渡日、研究・研修開始

姉妹校プロジェクト研究員(奨学金給付型)

金沢医科大学では、大学間交流の発展および本学の研究活性化のため、中国姉妹機関(中国医科大学、華中科技大学同済医学院、中日友好病院)に対し、本学からプロジェクト研究を提示し、共同研究に参加する若手研究者を募集しています。
プロジェクト研究に採用された研究員には、学資金として奨学金(月額15万円)を支給します。

姉妹校プロジェクト研究員

採用人数 各姉妹機関から1名
本学での身分 短期研究員
研究期間 1年間
(ただし、研究の成果および進捗状況によっては、1年以内の延長を許可する場合があります)
奨学金 月額15万円(1年間)
(研究期間の延長が許可された場合、学資金の受給期間も延長されます。)
その他
  • 日本語または英語の優れた語学力、高度なプロジェクト研究遂行能力を有する研究者
  • 採用された研究者は、採用年度内に渡日できることが条件となります。
  • 「文化活動」の在留資格を取得し、研究活動に従事していただくため、報酬・給与を得ることはできません。
  • 渡航費や日本での生活費等は全て自己負担となります。

応募方法(姉妹機関から応募を希望される方)

本学では、中国姉妹機関から推薦された研究者に対して選考を行います。
本学と提携のある中国姉妹機関および附属病院に在職し、本学から提示したプロジェクト研究に参加することを希望する場合、所属先の国際交流担当部署に問い合わせてください。

プロジェクト研究課題提出について(姉妹機関から研究員受入れを希望する本学医学部講座または研究所等)

毎年5月頃にプロジェクト研究課題の募集を行います。共同研究者を募集する場合は、研究課題を期日までに提出してください。

募集要項、申請書類(学内専用)

外国人短期研究員(奨学金給付型)

金沢医科大学では、研究の促進を図り、医学の発展と国際協力に寄与することを目的に、海外から優秀な研究員を受け入れています。毎年1名の募集を行い、採用された研究者には、学資金として奨学金(月額15万円)を支給します。

本学医学部講座または研究所等において、共同研究のために海外から受け入れたい研究者がいる場合は、応募いただくことができます。

毎年5月頃に外国人短期研究員の募集を行います。

募集要項、申請書類(学内専用)