外国人留学生・短期研究員等の支援

  • 1渡日までの手続き

    外国人留学生、短期研究員、または短期研修員は、金沢医科大学への入学や滞在が決定し、日本へ入国するまでに以下の手続きが必要となります。

    外国人留学生、短期研究員、短期研修員

    金沢医科大学大学院医学研究科へ入学する外国人留学生は、「留学」の査証(ビザ)を取得し入国します。また、本学で報酬や給与を得ない短期研究員や短期研修員は、「文化活動」の査証(ビザ)を取得し入国します。

    見学型医学研修に参加することを目的に本学へ訪れる交換留学生のうち、日本(本学)での滞在期間が90日を超える場合も、「留学」の在留資格を取得する必要があります。

    日本での滞在期間が90日以内の方は、こちら

    渡日の2ヶ月前
    1.査証(ビザ)/在留資格認定証明書(CoE)

    「留学」や「文化活動」の在留資格を取得するためには、まず、出入国在留管理局で在留資格認定所明書(CoE)の申請を行います。申請者(留学生、短期研究員等)に代わり、金沢医科大学国際交流センター事務課が名古屋出入国在留管理局金沢出張所へ在留資格認定証明書(CoE)の代理申請を行います。

    査証(ビザ)/在留資格認定証明書(CoE)については、こちら

    渡日の1ヶ月前
    2.日本大使館または領事館での査証(ビザ)申請、ビザの発行

    出入国在留管理局から発行された在留資格認定証明書(CoE)の原本を国際交流センター事務課から受取り、日本大使館/領事館で査証(ビザ)の申請を行います。査証(ビザ)申請に必要な書類は、日本大使館・領事館のホームページで確認し、在留資格認定証明書(CoE)を受け取るまでに準備しておくことを勧めます。

    ビザ申請または発給後
    3.航空券手配

    日本大使館/領事館でビザが発行されたら、航空券の手配を行ってください。

    渡日の航空券手配時の注意事項
    • 日本への到着日及び本学への到着日時について、国際交流センター事務課へ事前に相談をしてください。
    • 金沢医科大学留学生宿舎へ入居される方は、入居可能な日時に大学に到着してください。到着空港から金沢医科大学までの移動に時間がかかる場合は、各自で宿泊先を手配して、翌日以降に大学へお越しください。

    金沢医科大学留学生宿舎については、こちら

    航空券手配と一緒に

    4.海外旅行保険加入

    航空券手配時に海外旅行保険の加入手続きを行ってください。日本に来てからでは加入ができない保険のため、必ず渡日前に手続きを行ってください。加入する保険内容について、事前にお問合せください。

    5.入国

    パスポート、査証(ビザ)及び在留資格認定証明書(CoE)を持って入国します。渡日までに紛失などしないように気をつけてください。

    すでに日本で在留資格を取得していて、本学へ入学される方へ(外国人留学生対象)

    本学から入学許可書が発行されたら、必要に応じて在留資格変更許可申請を行います。
    現在の在留資格が「留学」ではない場合、または、在留期限が本学の入学する前に切れてしまう場合は、国際交流センター事務課へお知らせください。

    「短期滞在」査証(ビザ)について

    本学での滞在期間が90日以内の方で、本学から報酬や給与を得ない交換留学生、短期研究員、短期研修員は、日本大使館または領事館で「短期滞在」の査証(ビザ)を申請してください(日本国内では手続きはできません)。

    ビザ免除措置について

    短期滞在査証(ビザ)を事前に取得する必要がなく、日本上陸時に「短期滞在」の在留資格が与えられる国・地域があります。自身の国・地域がビザ免除措置の対象であるかは、外務省HPにて確認してください。

    短期滞在査証(ビザ)についての詳細は、外務省HP各在外日本公館で確認してください。

  • 2渡日後の手続き

    日本での滞在期間が3カ月を超える場合

    入国審査

    在留カード
    「在留カード」とは...

    日本での活動に応じた在留資格をもって、日本で中長期間在留することが許可された外国人に対して発行されます。在留カードには、氏名、生年月日、性別、国籍・地域、住居地のほか、在留資格、在留期間、また就労の可否について記載されます。また、16歳以上の方には、顔写真も貼付されます。また、在留カードは、常に携帯することが入管法で義務付けられているため、必ず携帯するように気をつけてください。

    成田・羽田・関西空港などの一部の空港では、上陸許可と同時にその場で在留カードが交付されます。到着した空港で在留カードが発行されない場合でも、入国後14日以内に、居住する市町村で「住居地の届出」を行えば、後日、在留カードが交付され、郵送されます。

    資格外活動許可(「留学」の在留資格で、新規渡日者に限り、入国時に申請することができます)

    「留学」の在留資格で日本に滞在する外国人留学生は、原則として就労することが認められていません。学外でアルバイトを希望する場合は、事前に、資格外活動許可の申請を行い、出入国在留管理局から許可を受ける必要があります。 「留学」の在留資格で新規渡日する方は、入国手続きの際に資格外活動許可申請を行うことができます。

    資格外活動許可については、こちら

    市町村役場での手続き

    住居地の届出

    入国後、14日以内に住居地の市町村窓口で「住居地の届出」を行う必要があります。入国時に在留カードが交付されない場合も、この届出を行うことで、後日、在留カードが交付され郵送されます。

    マイナンバー制度とは...
    日本では、日本国内に住民票を有する全ての方に1人1番号(個人番号/マイナンバー)が与えられます。居住地の届出を行うと、2~3週間程度でマイナンバーが記載された「個人番号通知書」が郵送されます。この通知書は、滞在期間中、大切に保管してください。
    マイナンバー制度については、こちらを参考にしてください。
    国民健康保険の加入

    在留期間が3カ月以上の方は、国民健康保険に加入してください。この保険に加入すると、毎月の保険料を支払うことで、治療費の自己負担額が総額の3割となります(保険対象外の治療もあります)。居住地のある市町村窓口で加入手続きを行います。

    ※保険料については、日本での前年度の所得によって異なります。資格外活動許可でアルバイト収入が多い場合は、翌年の保険料が高くなることがあります。

    国民年金の加入

    日本に住所がある20歳以上60歳未満のすべての方が加入することになっています。居住地のある市町村窓口で加入手続きを行います。
    所得が少なく保険料を納めることが困難な場合、外国人留学生は「学生納付特例制度」、短期研究員や短期研修員は「国民年金保険料免除・納付猶予制度」を申請し、納付の猶予を受けることができます。
    なお、「学生納付特例制度」は毎年更新手続きが必要ですが、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」は申請時に次年度の継続についても申請することができます。
    国民年金については、こちらを参考にしてください。

    日本での滞在期間が3カ月以下の場合

    日本での滞在期間が3カ月以下の場合は、在留カードが交付されません。また、国民健康保険や国民年金の加入も必要がありません。
    日本滞在中の急な病気や事故などに備えて、海外旅行保険に加入してから渡日してください。

  • 3日本に家族を呼び寄せたい場合

    本学で在籍中、または研究や研修活動期間中に、ご家族を日本へ呼寄せ生活することを希望する場合は、まずは自身が日本で生活に慣れ、学業や研究計画をきちんと立ててから、呼寄せ手続きを始めてください。
    家族を呼寄せるには、まず以下のことが必要となります。

    • 家族の生活費等を負担することができる経済的な見通し
    • 滞在場所の確保
    • 査証(ビザ)の申請(本学では、ご家族の在留資格認定所明書(CoE)の代理申請を行っていません)小さなお子さんがいるご家庭で、保育所等の利用を希望する場合は、市町村における条件を満たし、さらに、定められた申請時期に手続きを行う必要があります。保育所に入所できない場合も多くあるため、ご家庭でお子さんの面倒がみられる環境も整えておいてください。

    家族の呼寄せを考えている方は、手続きについてこちら(学内専用)を確認し、国際交流センター事務課へ相談してください。

    届出のお願い

    短期・長期に関わらず、家族を本学の宿泊施設(外国人留学生家族用宿舎、レジデントハウス)に滞在させたい場合は、事前に所定の様式(学内専用)を国際交流センター事務課へ提出してください。

    • 原則として、学外の方を本学の宿泊施設に滞在させることは認めていませんが、休暇を利用して日本へ訪れるなどの場合、家族に限り滞在を認める場合があります。
    • 届出なく家族を宿舎に滞在させていることがわかった場合は、自身も含め、退去を命ずる場合があるため、十分に注意してください。
  • 4各種証明書 発行

    各種証明書の発行を希望する場合、「各種証明書申請書(学内専用)」を国際交流センター事務課へ提出してください。申請から発行まで、10日程度かかることがあります。

    取扱い証明書(日本語・英語発行可)

    • 在籍証明書(短期研究員、短期研修員)
    • 奨学金証明書(本学学資金、文部科学省外国人留学生学習奨励費、国費受給者)
    • 研究、研修修了見込み証明書(短期研究員、短期研修員)
  • 5災害時の備えについて

    石川県は、地震、台風、大雨、大雪が発生しやすいため、日頃から備えを心がけてください。
    災害発生時には、自身の身を守ると同時に被害を最小限にとどめるよう周りの方と協力してください。

    公益財団法人石川県国際交流協会のサイトには、県内の外国人住民のための外国人のための防災&災害時対応マニュアルが掲載されています。

    外国人のための防災ガイドブックのほか、非常時持出袋(防災セット)の参考リストも多言語で掲載されています。

  • 6帰国時の手続きについて

    金沢医科大学での活動を終えて、帰国することが決まったら、以下の手続きを行ってください。

    留学生宿舎の退去手続き

    希望する退去日の30日前までに国際交流センター事務課へ退去届と宿舎費支払代理人届(学内専用)を提出してください。
    退去までに、部屋の状態(汚損や破損)や粗大ゴミの確認を行うため、宿舎に数回訪れます。

    市町村役場での手続き(出国日の14日前から手続き可能)

    転出届

    帰国日が決まったら、「転出届」を提出してください。出国日の14日前から手続きが可能で、航空券(E-ticket)を持参してください。

    国民健康保険証の脱退手続き、保険税の精算

    国民健康保険の脱退手続きを行い、保険証を返却してください。保険税の支払いに過不足がないか精算がされます。

    国民年金の脱退手続き

    国民年金の脱退手続きを行ってください。

    銀行口座(ゆうちょ銀行)の解約

    帰国する方は、必ず全ての銀行口座を解約してください。奨学金受給者は、最後の奨学金を受給してから口座を解約してください。また、帰国までに講座引き落としの支払いがある場合は、支払いが全て終っているか確認してから解約手続きを行ってください。

    自動車・自転車の売却、処分(出国日から1ヶ月以上前から手続き)

    自動車や自転車を所有している方は、帰国前に売却や処分の手続きを行ってください。書類上の手続きだけでなく、帰国後に自動車や自転車が駐車場に残らないように全ての手続きを完了させてください。

    携帯電話の解約(出国日から1ヶ月以上前から手続き)

    携帯電話会社に解約の手続きを確認し、帰国後に請求書が届くことがないようにしてください。

    クレジットカードの解約(出国日から1ヶ月以上前から手続き)

    帰国後に請求書が届くことがないように、クレジットカードの解約手続きを行ってください。

    インターネット、ガス、電気(留学生家族用宿舎のみ)

    インターネットの契約をしている場合、解約手続きを行い使用料の支払いを済ませてください。
    ガス・電気は、退去後の点検に必要なため、各自で解約はしないでください。掃除や点検の終了後、国際交流センター事務課が解約手続きを行い、最終月の請求書を支払代理人へ渡します。