出入国在留管理局での手続き

在留資格認定証明書(CoE)について

在留資格認定証明書(CoE: Certificate of Eligibility)とは...

日本へ入国を予定している方が、日本での活動内容と取得予定の在留資格との適合性について、事前に審査を受けて、認められた場合に法務大臣から交付されるものです(短期滞在、永住者は対象外)。

日本大使館または領事館で査証(ビザ)申請を行う際に、在留資格認定証明書(CoE)を提出することで、査証の発給が迅速に行われます。

在留資格認定証明書(CoE)の申請は、活動を行う教育機関等を管轄する地方出入国在留管理局で行います。金沢医科大学では、海外からの留学生や短期研究員を受入れる日本の教育機関として、代理申請を行っています。手続きの目安として、入国予定日の2ヶ月前までに申請書類を準備します。地方出入国在留管理局への申請から2~4週間で在留資格認定証明書が発行されます。
在留資格認定証明書の有効期間は交付日より3カ月間となり、この有効期間内に日本へ入国しなければなりません。

金沢医科大学で「留学」または「文化活動」の在留資格で日本に滞在する場合は、本学への入学や滞在が決定したら、手続きを開始します。国際交流センター事務課がサポートを行いますが、以下の書類の準備をお願いします。

提出書類
  • パスポート(写)
    入国時に有効であるか確認し、必要に応じて更新手続きなどを行ってください。在留資格認定証明書の代理申請時にパスポートがない場合は、申請手続きが遅れることで予定した日程で渡日することができない可能性があるため、気をつけてください。
  • 経費支弁能力証明書(原本)
    滞在期間中の授業料や日本での生活費が支払えるという証明(銀行残高証明書、給与取得見込み証明書等)が必要となります。
  • その他
    日本への出入国歴や修学年数などの情報を提出していただきますが、入国審査に関わるため虚偽のないように気をつけてください。詳細は別途、国際交流センター事務課から新規渡日予定者にご連絡します。

在留期間の更新

在留期間を更新する場合は、地方出入国在留管理局へ更新の手続きが必要です。在留期間満了日の約3カ月前から更新手続きが行えるので、該当する場合は、国際交流センター事務課へ相談し、必要書類(学内専用)を揃えて、手続きをしてください。

在留期間が更新されると、新しい在留カードが交付されます。地方出入国在留管理局から新しい在留カードを受け取ったら、すぐに国際交流センター事務課へ提出してください。

出入国在留管理庁(各種手続)

在留資格の変更

金沢医科大学での身分が変更する場合や、本学での活動を終え、日本国内で就職する際にも在留資格の変更を行う必要があります。
新しい活動を開始する前に、地方出入国在留管理局で在留資格変更許可申請を行ってください。

在留資格の変更が必要な場合の例

  • 「留学」以外の在留資格で日本に在留している方で、本学大学院への入学が許可された場合
  • 本学大学院を修了し、本学で短期研究員として研究活動を継続する場合
  • 本学での活動を終え、日本国内で就職する場合

本学へ入学、または研究活動を行なうために在留資格(『留学』、『文化活動』)を変更する場合は、国際交流センター事務課へ相談し、必要書類(学内専用)を揃えて、手続きをしてください。

在留資格の変更が許可されると、新しい在留カードが交付されます。地方出入国在留管理局から新しい在留カードを受け取ったら、すぐに国際交流センター事務課へ提出してください。

出入国在留管理庁(各種手続)

一時帰国・再入国の手続き

「みなし再入国許可」とは...

有効なパスポートと在留カードを所持する外国人が、日本を出国する際、出国後1年以内(在留期間の満了日が出国後1年未満の場合は、その在留期限まで)に日本での活動を継続するために再入国する場合は、「再入国許可」を受ける必要はありません。
母国への一時帰国、旅行や学会等へ参加をするために短期間の海外渡航をする場合、出国時に「再入国出入国記録(EDカード)」で再入国の意思表示行うことで、日本への再入国が認められます。

もし1年の期間を越えて出国する予定がある場合は、地方出入国在留管理局で「再入国許可」の手続きを行い、許可を受けてから出国してください。

出入国在留管理庁(各種手続)

届出のお願い

母国への一時帰国、旅行や学会等へ参加するために海外渡航をする場合は、履修状況や研究活動に支障がないか指導教授に相談し許可を得てください。また、一時帰国や海外渡航で大学や宿舎を一定期間離れる場合は、出発前に必ず国際交流センター事務課へ「一時帰国・海外渡航届」(学内専用)を提出してください。

注意

本学学資金や国費受給者など毎月の在籍確認がある方は、在籍確認の期日をさけて一時帰国や海外渡航の予定を立ててください。奨学金受給者で、期日までに在籍確認に署名ができない月は、奨学金を受給することができません。

資格外活動許可

「留学」の在留資格は、原則として就労することが認められていません。アルバイトをする場合は、地方出入国在留管理局で「資格外活動」の許可申請を行い、許可を受ける必要があります。
資格外活動許可を得た場合は、国際交流センター事務課へ在留カードを提出してください。

外国人留学生に認められているアルバイトの条件

「資格外活動許可」を取得した場合でも、外国人留学生に許可されているアルバイトには条件があります。この条件を満たさないアルバイトを行った場合、本国への送還・罰金・懲役などの処分の対象となります。

  • 週28時間以内
    ※ただし、長期休業(春期、夏期、冬期)期間中は、1日8時間以内のアルバイトが認められています。
  • 活動場所において風俗営業等が営まれていないこと

なお、金沢医科大学で以下の業務を行う場合、資格外活動許可は不要です。

  • 本学大学院医学研究科でリサーチ・アシスタント(RA)等による報酬を得る場合
  • 本学で実験補助や技術補助等により謝金を受ける場合

本学で上記以外の業務によって謝金を受ける場合は、国際交流センター事務課へ事前に問い合わせてください。

注意
  • 「資格外活動許可」を得ずに、アルバイトで報酬を得た場合や、週28時間の制限を超えてアルバイトを行った場合、本国への送還・罰金・懲役などの処分の対象となります。
  • スナック、ナイトクラブ、客の接待をして飲食させるバー・喫茶店などでの、皿洗いや掃除をすることも禁止されています。

出入国在留管理庁(各種手続)