研究室一覧

医学部研究室一覧のイメージ
医学部 臨床医学

皮膚科学Dermatology

研究室概要

 皮膚科学講座は、現在15名の教室員が診療・研究に従事している。能登地区を中心とした関連病院に医師を派遣し、地域医療の拠点として幅広く難治性皮膚疾患に対応している。全国からの分離真菌同定依頼にも応じ、本邦における皮膚真菌症診療・研究の拠点として貢献してきた。
 主たる研究テーマは皮膚真菌症であり、深在性真菌症の分子生物学的分類法などの多くの業績がある。講座主任として清水が2021年4月に着任し「いぼ」や皮膚癌の原因となるヒト乳頭種ウイルスの研究体制を準備している。また、最近では学内教室との共同研究による皮膚創傷治癒に関する成果も出ている。
 診療面では、当科の伝統である真菌診療を維持しつつ、清水が専門としてきたウイルスや脱毛症専門外来を開始した。また、近年アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬の治療法の進歩は著しく、経験豊富なスタッフにより最新の治療を提供する。

お問い合わせ
TEL: 076-218-8141 / FAX: 076-286-6369
e-mail: dermat【@】kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任・教授

清水 晶

名誉教授

石崎 宏

名誉教授

望月 隆

准教授

西部 明子

准教授

竹田 公信

研究医

久保田 佳子

研究医

多賀 史晃

研究医

平川 睦月

研究医

野村 史絵

医員

小野 弘登

医員

内山 恵理

医員

落合 咲和子

医員

島田 瑶子

医員

髙宮 悠子

外国人短期研究員

アンドレア マリー ベルナレス メンドウサ

主な研究業績

  • Akira Shimizu, Reimon Yamaguchi, Yuko Kuriyama: Recent advances in cutaneous HPV infection. J Dermatol. 2023 Mar; 50(3):290-298. doi: 10.1111/1346-8138. 16697. Epub 2023 Jan 5.
  • Takashi Mochizuki, Shigeo Yamada*, Masaki Hironaga*, Taketoshi Futatsuya, Kazushi Anzawa: Change in dominant genotype of Microsporum canis, a causative fungus of zoonotic dermatophytosis, in Japan over the past 40 years. Change in dominant genotype of Microsporum canis, a causative fungus of zoonotic dermatophytosis, in Japan over the past 40 years. The Journal of Dermatology, 49:682-690, 2022.
  • Kiminobu Takeda, Taketoshi Futatsuya, Kazushi Anzawa, Takashi Mochizuki, Akira Shimizu, Kazunori Yamada*: A Case of Oral Candidiasis Caused by Candida dubliniensis During Treatment of Humanized Monoclonal Antibody to Interleukin-17A. Medical Mycology Journal, 63:87-90, 2022.
  • Hirokazu Mochizuki, Kazushi Anzawa, Takashi Mochizuki: Genotyping of intraspecies polymorphisms of Sporothrix globosa using partial sequence of mitochondrial DNA. The journal of Dermatology, 49:263-271, 2022.
  • Taketoshi Futatsuya, Fumiaki Taga, Yuichi Sakata, Kiminobu Takeda, Kazushi Anzawa, Takashi Mochizuki, Akira Shimizu: Genotyping of Trichophyton tonsurans strains isolated between 2016 and 2020, and terbinafine susceptibility of the species in Japan. The Journal of Dermatology, 49:691-696, 2022.

主な外部研究資金

  • R4~R6 科学研究費基盤研究 (C) (独立基盤形成支援  粘膜悪性型HPV感染による爪部ボーエン病発症機序と新たなHPV感染経路の解明 代表:清水 晶
  • R4~R5 科学研究費補助金 若手研究 MALDI-TOF MS(質量分析器)による黒色真菌迅速同定 代表:二ッ谷 剛俊
  • R5~R7 科学研究費基盤研究 (C) スポロトリキン反応のメカニズム解明と新規スポロトリコーシス診断システムの開発 代表:安澤 数史

リンク