• 募集概要

    総合型選抜(研究医枠)

    令和4年度 総合型選抜(研究医枠) ※認可申請中

    趣旨

     “医師の養成”にあたっては、基礎研究から臨床研究までを網羅的に学ぶ場としての医学部であるべきと考えています。しかし医学部卒業後ほとんどが臨床を主体とした医師になり、都会へ流出しています。そこで本学では、先進医療を推し進める研究医を育成することを目的のひとつとしています。
     2020年には未曽有のウイルス感染症が世界を覆い、感染症制圧に関して日本が先導する立場になっております。そこで、新たなウイルス感染症に対応する医学研究も切迫する課題になりました。そのために、先進医療の研究を主体とし、更に感染症撲滅のための研究医育成も取り入れていきたいと考えています。
     本学で押し進めてきたがんゲノム医療、再生医療、認知症医療を、新しい診断・治療の拡大に繋げ、感染症医療も含めた臨床問題に取り組む研究医を養成し、国際競争力を向上させていきます。
     

    募集人員

     1名
     

    出願資格

    ※総合型選抜の合格者は、専願となりますので、いかなる理由があっても入学を辞退できません。

    次の(1)~(7)のいずれか及び(8)の条件を満たす者

    (1)

    高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業した者または令和4年3月卒業見込みの者

    (2)

    通常の課程による12年の学校教育を修了した者または令和4年3月修了見込みの者

    (3)

    外国において学校教育における12年の課程を修了した者または令和4年3月31日までに修了見込みの者及びこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者

    (4)

    文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者または令和4年3月31日までに修了見込みの者

    (5)

    文部科学大臣の指定した者

    (6)

    高等学校卒業程度認定規則により文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者または令和4年3月31日までに合格見込みの者(大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)

    (7)

    本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、令和4年4月1日までに18歳に達する者

    (8)

    合格した場合には必ず入学することを確約できる者