• ホーム
  • 新着情報
  • 2024年1月20日(土)発売の北國アクタス2月号に消化器内視鏡学 向井 強 臨床教授の記事が掲載されます

新着情報

大学の校舎を上空から見ている写真

2024年1月20日(土)発売の北國アクタス2月号に消化器内視鏡学 向井 強 臨床教授の記事が掲載されます

掲載雑誌

北國アクタス 2月号

発売日

令和6年1月20日(土)

出演者・掲載内容

消化器内視鏡学 向井 強 臨床教授
「教えて!ドクター」
超音波内視鏡で早期発見-見えにくい膵臓がん、胃の中から鮮明な画像に-
膵臓がんは自覚症状がないまま進行して早期発見が難しいため「サイレントキラー」と呼ばれています。
胃などに隠れるような位置にある膵臓は、検査で見づらいことも課題ですが、
金沢医科大学病院では鮮明に可視化できる超音波内視鏡を導入し、
極めて早い時期での発見が可能となって治療効果を高めています。向井臨床教授に伺いました。