女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画



 金沢医科大学では、女性活躍推進法に基づき「一般事業主行動計画」を定め、男性女性すべての雇用環境の整備を推進し、
女性職員がより活躍出来る職場環境の整備に取り組みます。

1.計画期間  令和3年4月1日 〜 令和8年3月31日(5年間)

目標1 年度あたりの男性教職員の育児休業取得者を2人以上とする。

[取組内容]
 令和3年4月〜
・男性の育児休業制度に関する情報をホームページに掲載し、周知を図る。
・管理職に対し、男性教職員の育児休業取得への理解を促し、取得しやすい環境を整備する。


目標2 所定外労働削減の為の措置を実施する。

[取組内容]
 令和3年4月〜
・各部署に、年間の所定外労働時間の削減計画の提出を依頼し、所定外労働時間の削減
 について積極的な取り組みを図る。


目標3 管理職に占める女性の割合を35%以上にする。

[取組内容]
 令和3年4月〜
・管理職研修及び評価者研修において、性別に関係なく評価を行うよう教育する。
・管理職候補者の選抜において、性別に関わらず意欲と能力を重視する。