• ホーム
  • 研究活動
  • 臨床病理学 塩谷 晃広 講師/公益財団法人 橘勝会 すこやか健康応援団「令和4年度 医学研究助成」

研究活動

顕微鏡の画像
2022/11/16 採択

臨床病理学 塩谷 晃広 講師/公益財団法人 橘勝会 すこやか健康応援団「令和4年度 医学研究助成」

研究課題「乳癌病理診断における効率的なリンパ管侵襲所見検索法の検討と予後との比較」

乳癌は女性の癌罹患率第一位で、近年の増加傾向にあり、乳癌の切除検体の病理診断数も増加している。乳腺外科切除材料の病理診断では、多数の標本を鏡検して診断する必要があり、効率的で精密な病理診断方法の確立が望まれるが、脈管侵襲に関しては、リンパ節転移があるにもかかわらず、組織標本上で原発巣にリンパ管侵襲が明らかではない整合性のとれない症例に遭遇することがある。また、リンパ管内皮マーカーのポドプラニンを使用しても侵襲が識別困難な場合もある。乳腺のリンパ管は、血管や乳管の周囲によく分布しているが、腫瘍浸潤の先進部に見られる既存の血管や乳管の周囲の癌の浸潤巣は、リンパ管の組織学的分布と比較するとリンパ管侵襲と同等の所見である可能性があり、この組織学的特徴がリンパ節転移の有無と相関するか調査する。また、近年新たなリンパ管のマーカーも認知されてきており、それらが病理診断の現場で脈管侵襲を調べるための良いマーカーとなりうるかの検討も含めて、乳癌の病理診断におけるリンパ管侵襲検索の効率化に寄与する研究を行いたい。

詳細はこちら

研究活動トップへ