• ホーム
  • 研究活動
  • 生理学Ⅰ 古山 貴文 講師/中冨健康科学振興財団 令和5年度研究助成

研究活動

顕微鏡の画像
2024/02/06 採択

生理学Ⅰ 古山 貴文 講師/中冨健康科学振興財団 令和5年度研究助成

研究課題「縫線核ドーパミン神経による疼痛制御の神経機構」

痛みは、生存のために必要な信号であるが、慢性的な痛みは、患者のQOLを低下させ、うつ病や不安障害などの精神症状を発症させる。そのため痛覚受容や調節機構の解明は、疼痛治療の革新や二次的精神障害を改善させるために非常に重要である。中枢性の疼痛調節として中脳水道灰白質、青斑核、縫線核が下降性に疼痛を抑制している。その中で縫線核はセロトニン作動性の神経核であるが、過去および私たちの研究から縫線核から中脳水道灰白質腹側にかけてドーパミン神経も密に存在しており、疼痛に関わる扁桃体や分界条床核に強く投射していることが明らかになった。しかし、①扁桃体や分界条床核のドーパミン濃度をどのように制御し、疼痛制御しているのか?、②縫線核ドーパミン神経が扁桃体や分界条床核のどの細胞と結合し、疼痛調節をしているのか?については、不明な点が多い。そこで本研究では、ファイバーフォトメトリー法を用いて、疼痛時の扁桃体・分界条床核のドーパミン濃度・神経活動変化を同時計測する実験環境を構築し、縫線核ドーパミン神経と疼痛制御の連関について明らかにする。

詳細はこちら

研究活動トップへ