• ホーム
  • 研究活動
  • 病理学Ⅰ星大輔助教とスチューデントリサーチャー右田奈巳さんの症例報告「Co-occurrence of Epstein-Barr virus-positive nodal T/NK-cell lymphoma and nodal T-follicular helper cell lymphoma of different clonal origins: An autopsy case report」が Pathology International に掲載されました。

研究活動

顕微鏡の画像
2024/04/08 論文

病理学Ⅰ星大輔助教とスチューデントリサーチャー右田奈巳さんの症例報告「Co-occurrence of Epstein-Barr virus-positive nodal T/NK-cell lymphoma and nodal T-follicular helper cell lymphoma of different clonal origins: An autopsy case report」が Pathology International に掲載されました。

題名:Co-occurrence of Epstein-Barr virus-positive nodal T/NK-cell lymphoma and nodal T-follicular helper cell lymphoma of different clonal origins: An autopsy case report 

富山県立中央病院と岡山大学との共同研究です。

詳細はこちら

研究活動トップへ