健康管理センターフリーアクセス 0800-200-5134

1階F TEL.0766-74-1900(内線:1800)
治す医療から予防する医療へ

 二十一世紀は治す医療から予防する医療への変換期といわれています。病院もまた病気を治す施設であるとともに健康を確認、または異常を症状の出ない早期に発見する機能をそなえた施設へと生まれ変る必要があります。
 その中心として平成23年9月に病院の新築移転とともに“人間ドック”を中心とし、大学病院としての専門性を生かした予防医療の中心として新設されたのが健康管理センターです。
 当センターは、住民健診、企業健診とともに人間ドックを充実させることによって予防医療を実践することにあります。
 人間ドックには大きく三つの目的があります。ひとつは、いうまでもなく自分の健康を確認することです。二つ目は、日本人の死因の第1位であるがんを症状の出ない早期に発見し内視鏡手術などのリスクや浸襲の少ない方法でがんを治すことです。そして三つ目は日本人の死因の2位、3位を占める脳卒中と心臓病の大きな原因となっている高血圧、脂質異常症そして糖尿病を症状の出ない早期に発見し、薬ではなく生活習慣の改善により発症を未然に防ぐことにあります。具体的には管理栄養士による食事指導やスポーツジムとの連携による運動療法を進めています。
 当院は日本人間ドック学会に所属しており、健康管理センターでは人間ドックアドバイザーによる特定保険指導もおこなっています。

特徴・特色

診療スタッフ 

  • センター長事務取扱

    井口 晶晴 准教授

外来担当医表