研修・入局者募集

神経科精神科(心身医学科含む)

平成29年度「金沢医科大学病院連携施設 精神科領域専門医研修プログラム」(学会認定)の募集を開始いたします。

科長からのメッセージ

「自分やご家族が重い病気になった時、どんな医療者に出会いたいでしょうか?」
卒後研修を通じて、あなたらしい答えを見出すために、患者さんやご家族の心に配慮できる医療者となる努力を、私たちは支援します。

プログラム名

金沢医科大学病院連携施設 精神科領域専門医研修プログラム

研修施設

基幹施設:金沢医科大学病院・神経科精神科
連携施設:石川県立高松病院、松原病院、桜ヶ丘病院、かないわ病院

募集期間
[一次募集]
一次募集:2017年10月1日〜11月10日
採用試験:2017年11月下旬〜12月中旬
募集人員:4名

[二次募集]
一次募集で定員(4名)に達しない場合、2017年12月中旬〜2018年1月末に、二次募集を行います。
なお、二次募集を行う際は、改めて、このHPでお知らせします。

選考方法

科長(教授)・医局長(准教授)が履歴書記載内容と面接により、採用の適否を判断します。

プログラムの特徴

金沢医科大学は日本海側唯一の私立大学医学部として、「良医を育てる」「知識と技術をきわめる」「社会に貢献する」という建学の精神をかかげて設立された。金沢医科大学精神神経科学講座は、建学の精神に基づいて、精神科医の育成につとめて来た歴史を持ち、医局員は全国各地で臨床医として活躍している。

基幹病院となる金沢医科大学の精神科は、閉鎖病棟(24床)解放病棟(12床)と観察室(保護室2床)からなる36床のベッドを有し、難治例や身体合併症例も含め精神科領域のほとんどの疾患に対応している。専攻医は入院患者の主治医となり、教員の指導を受けながら、看護、心理、作業療法を含むリハビリテーション、薬剤部、地域医療連携部、栄養部の各領域とチームを組み、各種精神疾患に対し、生物学的検査・心理検査を行い、生物-心理-社会的モデルに立脚した薬物療法・精神療法と環境療法を組み合わせ最善の治療を行っていく。研修の過程でほとんどの精神疾患の診断・治療についての基礎的な知識を身につけることができる。

また、石川県立高松病院、松原病院、桜ヶ丘病院、かないわ病院は金沢市北部から能登半島南部に位置し、金沢市はもとより能登地域の主要精神科医療機関を連携施設としている。これらの連携機関はそれぞれ、認知症を含む老年精神医学、精神科救急を含む急性期精神科医療、精神科リハビリテーションと社会復帰、児童思春期精神医学といった特色を有しており、専攻医はこれらの施設をローテートしながら研鑽を積み、精神科臨床医としての実力を向上させつつ、専門医を獲得することができる。
(プログラムより抜粋)

精神科領域専門医研修プログラム

注意事項
  • 医師(専攻医)は当専門研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶことになります。
  • 本専門研修プログラムは、日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり、今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知ください。

応募先

応募申請書と履歴書を下記宛先まで送付(メール可)し、面接の申し込みを行ってください。

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1丁目1番地
金沢医科大学・精神神経科学
上原 隆
psychiat@kanazawa-med.ac.jp


問い合わせ先
見学は随時受け付けております。
入局をご検討の方はお気軽にご連絡ください。担当:上原

〒920-0293金沢医科大学精神神経科学
076-286-2211(代)
076-286-3341
psychiat@kanazawa-med.ac.jp