概要

沿革

昭和55年(1980) 4月 1日 大学院設置準備室設置
昭和56年(1981)11月30日 大学院設置認可申請書の提出(文部省)
昭和57年(1982) 3月17日 大学院医学研究科設置認可
昭和57年(1982) 4月 1日 大学院医学研究科開設(生理、病理、社会医学、内科、外科系の5専攻)
平成 3年(1991) 7月 1日 金沢医科大学大学院医学研究科奨学金制度の発足
平成 4年(1992) 4月 1日 TA(ティーチング・アシスタント)制度の施行
平成13年(2001) 7月 9日 大学院改組準備委員会の設置
平成14年(2002) 6月28日 大学院医学研究科生命医科学専攻の設置協議書の提出(文部科学省)
平成14年(2002)12月19日 大学院医学研究科生命医科学専攻の設置承認
(大学院医学研究科の再編整備)
平成15年(2003) 4月 1日 大学院医学研究科「生命医科学」1専攻に改組・再編
5専攻の学生募集停止
平成18年(2006) 4月 1日 社会人入学開始、昼夜開講制スタート
平成19年(2007) 4月 1日 北陸がんプロフェッショナル養成プログラムスタート
平成21年(2009)10月 1日 RA(リサーチ・アシスタント)制度の施行
平成24年(2012) 4月 1日 北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プランスタート
平成25年(2013) 4月 1日 初期臨床研修医2年次生受入開始
平成26年(2014) 9月10日 北陸認知症プロフェッショナル医養成プランスタート
平成29年(2017) 7月18日 超少子高齢化地域での先進的がん医療人養成スタート