概要

医学研究科における教育に関する基本方針(三つのポリシー)

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 金沢医科大学大学院医学研究科では、「生命への畏敬」を原点とし、建学の精神に則り、1.独創的医学研究 2.高度専門医療 3.社会貢献 の3つを基本理念・目的として、修了時に以下の項目を有していることを、博士(医学)の学位授与の条件とします。

  1. 医学・生命科学全般にわたる幅広い学識と生涯にわたり自立して研究活動を継続する能力を有している。
  2. 高い倫理観と高度の専門知識を有し、最先端の医学研究を企画・立案して遂行する能力を有している。
  3. 独創的な学術論文を論理的、かつ明確に記述して公表し、国内外の学会において発表し討議する能力を有している。
  4. 科学的技能を活かして、地域医療から国際保健・医療まで医療全般の進歩に貢献し、次世代の研究者育成にも貢献する能力を有している。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 金沢医科大学大学院医学研究科では、学位授与方針達成のため、生命医科学1専攻のもと、基礎・社会医学系と臨床医学系が有機的な融合、連携を図り、以下の科目群を構成します。

  1. 専門科目
     「生体機能形態医学分野」、「生体制御医学分野」、「健康生態医学分野」の3分野に分けられ、学生は専攻する専門科目を主科目として、講義、演習、実験実習を履修し、さらに異なる分野から2科目を副科目として選択し、講義を履修します。
     主科目により医学研究科大学院生として高度の専門性や社会性を獲得するとともに、博士論文の立案、作成の基盤となる知識、技術、方策を習得し、副科目により応用の幅を拡げ論文作成の推進を補完します。
  2. 共通科目
     医学研究を遂行する上で、各専門分野の枠を超え、共通して必要と考えられる基礎的知識や技術、最先端医学・医療の知識、論文作成の基礎知識、さらには研究者としての高い倫理観を習得します。
  3. 特別研究
     指導教員のもと特定の研究テーマを設定し、専門科目、共通科目で習得した知識・技術を応用し、博士論文を作成します。
  4. 専門医養成系
     「がん」および「認知症」において、チーム医療のリーダーとして活躍できる高度の知識と技術を有する専門医を養成します。

学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

 金沢医科大学大学院医学研究科では、本研究科の基本理念・目的を理解し、真摯に取り組む意欲のある人材を求めます。

求める学生像
  1. 独創的な研究に取り組む意思を持っている人
  2. 自立した研究能力と生涯にわたり探求する意欲を持っている人
  3. 高い倫理観を備えた研究者および医療人を目指す人
  4. 医療が果たす役割を理解し、社会に貢献する意志を持っている人
  5. 国際的視野に立った研究者となる意思を持っている人
  6. 将来的に指導者となり次世代の育成に取り組む意思を持っている人