中央滅菌材料部

概要

中央材料滅菌部は中央手術部と一体型運用で、手術に使用する器材を洗浄からセット組・滅菌・保管までの一括管理と、病棟や外来で使用する器材の洗浄・組立・滅菌・供給などの管理供給を行うことで患者さんの健康回復に向け側面からの支援を行っています。

業務内容

器材の洗浄・組立・滅菌・供給・保管などの管理供給を行うことが主な業務です。また、使用目的に合わせた洗浄滅菌レベルの設定や滅菌方法の選択も行っています。

特徴・特色

中央滅菌材料部では各部署で使用された器材の一括洗浄をすることで院内感染防止と作業従事者への感染暴露防止等の重要な役割を担っています。
器材の滅菌洗浄レベルを考慮し、クリティカルレベル(手術用器械・インプラント類)と粘膜や創のある皮膚と接触するセミクリティカルレベル(人工呼吸器回路・手術用麻酔物品・粘膜使用器材等)を対象に作業を行っています。滅菌方法も、素材・耐熱性・安全性・処理コストを踏まえて選択しています。また、滅菌の安全性を確保する検査(化学的・物理的・生物学的)を行い、滅菌後は温度・湿度の条件で劣化が生じるため既滅菌室での保管等の管理を行っています。

理念

患者さん中心の安全な器材・衛生材料を供給します。

基本方針

  1. 安全な器材・衛生材料を提供します。
  2. 円滑な業務の調整を図り器材・衛生材料の提供の向上に努めます。
  3. 専門職業人としての自己研鑽に努めます。

目標

  1. 中央処理化の更なる推進
  2. 診療材料費等のコスト低減
  3. 教育・研修の推進

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)