本文へジャンプ

金沢医科大学

医学研究科

大学院概要

アドミッション・ポリシー

 本研究科は、看護の質の向上及び看護学の学際的発展に寄与できる高度看護専門職者、看護教育者を育成することを目指します。このような観点から、以下のような人材を受け入れます。

求める人材像
 ①看護職として基礎的に必要な知識・技術、看護実践力を有している者
 ②医療技術の高度・専門化、社会情勢の変化・ニーズに応える地域医療・看護の提供に貢献する意志のある者
 ③地域や住民の特性を活かした看護実践の質向上に意欲のある者
 ④教育現場や医療・看護現場における課題を学術研究として行うことで看護学の学際的発展に貢献する意志がある者
 ⑤看護教育者として看護専門職者の育成に貢献する意志がある者


カリキュラム・ポリシー

 本研究科が育成する人材像は、「高齢・過疎化地域における高度看護専門職者」、「特定分野における高度看護専門職者」、「看護教育者」の3つです。本研究科は、これら3つの人材像を育成するために3つの学問領域、「地域生活支援看護学領域」、「高度実践看護学領域」、「看護教育学領域」を設けています。
 「地域生活支援看護学領域」は、地域を基盤に、地域や住民の特性を活かした地域医療・看護の提供、地域医療・看護の発展への貢献が期待される「高齢・過疎化地域における高度看護専門職者」の育成に必要な科目を配置する領域です。
 「高度実践看護学領域」は、困難で複雑な健康問題を抱えた人・家族・地域に対してより質の高い看護を提供するために、特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有する特定分野における高度看護専門職者の育成に必要な科目を配置する領域です。本研究科では、石川県を含む北陸地域の疾病構造や医療体制の特徴から、精神看護学分野とクリティカルケア看護学分野における高度看護専門職者の育成を目指します。
 「看護教育学領域」は、高度化・多様化する医療の動向を見据え、確かな教育能力を備え、体系的かつ実践的な教育の展開ができる能力を有し、看護基礎教育・看護継続教育において役割を果たすことができる看護教育者の育成に必要な科目を配置する領域です。


ディプロマ・ポリシー

「看護教育学領域」「地域生活支援看護学領域」の修了要件

 修了要件は、共通科目8単位以上、専門科目14単位以上、研究科目8単位以上、合計30単位以上です。共通科目は、「看護研究概論」2単位と「看護研究方法論」2単位は必修とし、その他の科目から4単位以上修得することとします。専門科目は、主とする分野からから10単以上(演習科目を含むこと)と他の分野から4単位以上修得することとします。なお、看護教育学領域を専攻した場合は看護教育学特論A~Cの3科目は必修とし、いずれの領域を専攻した場合も実習科目の選択は認めません。


「高度実践看護学領域」の修了要件

 修了要件は、共通科目14単位以上、専門科目24単位以上、研究科目2単位以上、合計40単位以上です。共通科目は、「看護研究概論」、「フィジカルアセスメント」、「臨床薬理学」、「病態生理学」各2単位合計8単位は必修とし、「看護教育論」、「看護理論」、「看護管理論」、「コンサルテーション論」、「看護・医療倫理」から6単位選択することとします。日本看護協会が実施する専門看護師認定審査の受験資格の取得を希望する学生は、共通科目・専門科目ともに、日本看護系大学協議会が定める精神看護専門看護師教育課程と急性・重症患者看護専門看護師教育課程の科目を履修しなければなりません。(急性・重症患者看護専門看護師教育課程は準備中)

 本研究科の標準修業年限は2年ですが、職業を有している等の事情により、標準修業年限を超えて計画的に教育課程を履修し修了することを希望する場合には、その計画的な履修を認め修業年限を3 年とする長期履修制度を導入しています。

PAGE TOP